ライフ

“こんまり”近藤麻理恵さんの夫 常に自分を磨き続ける理由

近藤麻理恵さん川原卓巳さん夫妻

独自の片づけメソッドで「世界のこんまり」となった近藤麻理恵さんと仕掛け人でもある夫・川原卓巳さん。

「世界で最も影響力のある100人」(『TIME』誌2015年)に選ばれ、「“ときめき”を感じるか問う」独自の片づけメソッドを解説した著書は世界42か国で1200万部を突破。自身が出演するNetflixオリジナルTVシリーズ『KonMari ~人生がときめく片づけの魔法~』は世界190の国と地域で配信され、2019年には番組がエミー賞2部門ノミネート。いまや“世界のKonMari”となった近藤麻理恵さん。

 彼女をプロデュースするのは、夫の川原卓巳さんだ。7年間の会社員のキャリアを経て、2013年からは公私共にパートナーとして、麻理恵さんのマネジメントと「こんまりメソッド」をプロデュースしている。世界的な存在になった“こんまり”と移住先の米・ロサンゼルスでどんな生活を送っているのだろうか、川原さんに聞いてみた。

「それが、何も変わっていないんです。一番大好きな朝食は、納豆とご飯で、何か贅沢なモノを買うといったら、メロンとかちょっと高価なフルーツくらい(笑い)。

 2人の娘と過ごす大切な時間は生まれましたが、金銭感覚とかは変わらないですね。昔、麻理恵さんに結婚の話を切り出すにも、指輪を買うお金がないからなかなか言えなかったんですが、その頃と基本の生活のスタンスは変わっていません。

 麻理恵さんも、本がミリオンセラーになっても『何冊売れた!』とかあまり気にしないというか執着しないタイプなんです」(以下カッコ内、川原さん)

 川原さんは一貫して妻・麻理恵さんへの尊敬の姿勢を崩さない。お互いに“さん付け”で呼び合っているのは麻理恵さんの提案という。

「彼女の親戚夫妻がそう呼び合っていて、最初は、『ふ~んそうなんだ』となんとなくでしたが、夫婦が敬意と愛情を持ち合うこの空気が心地いいと今ではわかりました」

 コロナ禍でリモートワークになって、妻が自分より仕事がデキることがわかり、怒りを露わにしたり不機嫌になったりした夫がいる、という話も昨今よく聞く。どんどん有名になっていく妻に、嫉妬はなかったのだろうか。

「僕と麻理恵さんは、学生時代に出会いました。最初の出会いから7年後、28才で再会した時に、彼女はすでにベストセラー作家。もちろん、会社員の僕に比べて彼女の方が収入も何倍も多かったのです。

 それなのに、彼女は天狗になることもなく、等身大でピュアなまま……一緒にいると、気持ちが温かく満たされていくというか。僕のつまらないプライドや、こだわりなんて持ち出すこともありませんでした。

 アメリカでは、『彼女に会うと浄化される』『ポータブルな神社』とおっしゃる方もいるくらい(笑い)。それほど、近藤麻理恵という人は、強く繊細なアーティストなんです。幼いころから片づけを続け、片づけが人を幸せにすると心の奥底から考えている彼女には使命があります。そこに向かって進めるように、サポートしていくのが自分の役割だと思いました」

 NetflixオリジナルTVシリーズ『KonMari ~人生がときめく片づけの魔法~』エクゼクティブプロデューサーも努める川原さんは、スタッフの人選や、番組で麻理恵さんが訪問する体験者のキャスティングも行っている。

「送られてくる応募ビデオを60本くらい見て、なるべく多様な属性や年齢、ライフスタイルの方に、こんまりメソッドを体験していただけるよう選んでいきます。1本15分くらいですが、なんて言ってるのか英語を確認しながら見ていくので1本1時間くらいかかってしまう。それでも麻理恵さんが良いパフォーマンスを発揮してもらうために欠かせないんです」

 アメリカ移住を決めた時は、夫婦共に英語力には全く自信がなかったという。

「2014年に麻理恵さんの本がアメリカで出版されて大きな反響があり、年の半分は海外出張していました。当時0才児だった娘と一緒にいる時間がなく、子育てと仕事を両立するには、アメリカに住むのが最良の選択だとはわかっていました。ただ『英語ができない』という1点で躊躇していたのです。

 でも2016年にアメリカでのある仕事の依頼をいただいて、麻理恵さんと『これにチャレンジしなかったら一生後悔するよね』と、同じ思いを抱いたのです。加えて、当時、勤務していた会社の社長から、『それは川原さんにしかできない仕事だから』と背中を押してもらい、退職して渡米を決断しました」

 渡米したものの英語がほぼできないという状況を切り抜けられたのは、危機的状況だったからという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン