ビジネス

コロナ禍でもパチンコ人気衰えない理由 ライター・ナミ解説

人気パチンコライターのナミ

人気女性パチンコライターのナミ

 コロナ禍の営業自粛もあり、厳しい経営を強いられているパチンコホール。自粛明け以降は「出玉も渋いのでは?」と思われたが、“勝てる新機種”が続々登場したおかげで、パチンココーナーはむしろコロナ前より活気づいているという。女性パチンコライターのナミが、今年人気となっているパチンコ機種の特徴をレポートする。

 * * *
 2020年も終わりに近づき、家の大掃除を始めようとしているナミです。断捨離は好きなほうなので、トキめかないモノは躊躇なく処分している状況です。そんなトキめかないモノで溢れたわが家とは違って、トキめくパチンコ台はどんどん登場しています。

 最新台の抽選に並んで感じたのは、パチンコ目当てのお客さんが明らかに増えたこと。お目当てのパチンコ最新台に座れないなんてこともしばしば。記憶に新しい機種だと『P真・牙狼』や『Pとある魔術の禁書目録』は、数店舗ハシゴしても朝から座れませんでした。それだけパチンコファンが戻ってきている証拠かなと思います。

一撃1万発も夢じゃない「やれそうなスペック」

 今年、コロナ禍にもかかわらず後半にパチンコが盛り上がった理由は主に2つあります。

 1つは、謳い文句に偽りのない「やれそう」なスペックの存在だと思います。私もかれこれ10年以上のパチンコファンですが、打ってみたいと直感する台は、「勝てるビジョンがある」、すなわち「やれそうなスペック」だということです。

 最近のパチンコ台は「高継続・大量出玉・出玉速度の速さ」の三拍子揃った期待感の持てる機種が次々に登場しています。仕事帰りのサラリーマンの方も、短時間で当てて“一撃1万発”以上出して帰る、なんて夢が描きやすいのではないでしょうか。『CR牙狼XX』や『CR花の慶次S-V』など、MAXタイプで盛り上がっていた2007~2008年ごろの活気をパチンココーナーから感じます。

 私が最近お気に入りの機種『Pフィーバーゴルゴ13 疾風ver.』も、確変に入れば60%で3000発の払い出しがループするかなり尖ったスペックです。

「ヘソ大当りの35%を引いてしまうと時短がつかない3R通常大当りのみ」の辛い部分を見て“打たず嫌い”する方も少なくないと思いますが、一度「60%×3000発」の連チャンを味わってもらいたいです。

 データカウンターの連続回数を見て、「こんなに連チャンしたら何万発? たくさん出たら大好きな蟹を食べて、欲しかった化粧品やマンガを買おうかな……」と妄想しながら私も打っています。

グラビア写真集やDVDも発売するパチンコライター・ナミ

グラビア写真集やDVDも発売するパチンコライター・ナミ(撮影/藤岡雅樹)

 

関連記事

トピックス

《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン