• TOP
  • 芸能
  • 三浦春馬さんが最後の主演作『天外者』で見せる生き様とは?

芸能

2020.12.26 16:00  NEWSポストセブン

三浦春馬さんが最後の主演作『天外者』で見せる生き様とは?

巨額な遺産の行方は…

主人公・五代友厚の生き様と重なる部分も

 三浦春馬さん(享年30)最後の主演映画『天外者(てんがらもん)』が、12月11日から全国で公開中だ。公開初日から3日間で観客動員数約11万8000人、興行収入は約1億6600万円を記録し、ランキングでは初登場4位と好スタートを切った。口コミには「三浦春馬の演技に圧倒された」、「最後にして彼の代表作」など、主に主人公・五代友厚を演じた三浦さんへの賛辞の言葉が多く並んだ。映画や演劇などに詳しいライターの折田侑駿さんも「まさに三浦さんのための映画」と話す。

 * * *
『ブレイブ -群青戦記-』や『太陽の子』など、公開を控えている三浦春馬さんの出演映画はまだあるが、主演としては最後の作品である『天外者』。本作は、現在の大阪商工会議所や造幣局の創設など“大阪経済の礎”を築き、「天外者」(鹿児島の方言で“すさまじい才能の持ち主”の意)と称された偉人・五代友厚の生涯を描いた歴史群像劇。五代の“想いと志”を次世代に継承するため、製作総指揮を務めた大阪弁護士会所属の弁護士・廣田稔(74才)氏をはじめ、大阪財界の有志ら中心に映画製作の 「五代プロジェクト」を立ち上げ、7年越しで公開に至った。

 映画化に挑んだのは、『利久にたずねよ』(2013年)、『サクラサク』(2014年)、『海難1890』(2015年)でタッグを組んできた監督の田中光敏(62才)と脚本家の小松江里子(58才)だ。三浦さんが演じる五代の生き様を、オリジナルストーリーで壮大かつ繊細に描き出している。

 また、三浦さんを中心とした座組も素晴らしい。五代の盟友ともいえる坂本龍馬役に三浦翔平(32才)、ダブルヒロインには森川葵(25才)と蓮佛美沙子(29才)がそれぞれ扮し、榎木孝明(64才)、かたせ梨乃(63才)、筒井真理子(60才)、生瀬勝久(60才)といったベテランが脇を固めている。この並びを見ただけで手堅い作品となること請け合いだ。

 三浦さんと三浦翔平との共演作といえば、今秋放送された『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)が記憶に新しいが、2008年放送の『ごくせん』(第3シリーズ/日本テレビ系)でも共演を果たしている。子役としてキャリアをスタートさせた三浦春馬さんは、その人生のほとんどを「俳優」として過ごし、『ごくせん』の頃から10代とは思えない個性と才能を見せつけてきた。当時の三浦さんのみずみずしい芝居や体の線の細さは一際目を引き、少年から青年へと成長するこの時期だからこそ見られる彼の貴重な作品と言える。

関連記事

トピックス