芸能

“アニソン界の大型新人”鈴木雅之 24年ぶり紅白出場の背景

およそ四半世紀ぶりに紅白の舞台へ(時事通信フォト)

「令和2年アニソン大賞」に輝いた(時事通信フォト)

 マーチンの愛称でお馴染みの大物アーティスト・鈴木雅之が、大晦日に行われる『第71回NHK紅白歌合戦』に出場する。鈴木が紅白に出場するのは、1996年にラッツ&スターとして『夢で逢えたら』を披露して以来、実に24年ぶり。近年の“アニソン界の大型新人”としての活躍が実を結んだ形だ。

 鈴木は、2019年に放送されたアニメ『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』のオープニングテーマ『ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花』の歌唱を担当した。原作漫画が累計400万部(電子版を含む当時の売り上げ)突破の大人気ラブコメということで、アニメスタッフが「No.1ラブコメの主題歌をラヴソングの王様に歌ってほしい」と強く希望し、そのオファーが実現した。

 鈴木にとって、テレビアニメの主題歌を担当するのは初めての挑戦だった。しかし、水野良樹(いきものがかり)が作詞・作曲を担当し、若手女優・伊原六花をゲスト女性ボーカルに迎えた同曲は、各配信ランキングでもトップを獲得するほどの大反響に。ネット上で「歌ってみた」動画の投稿も流行した。

 今年4月〜6月に放送されたアニメ第2期でも、鈴木はオープニングテーマ『DADDY ! DADDY ! DO ! feat. 鈴木愛理』を担当。水野良樹が作詞作曲、本間昭光がサウンドプロデュースという布陣は前作を引き継ぎ、今度は元℃-uteの鈴木愛理をゲストボーカルに迎え、“W鈴木”体制でファンキーなナンバーを歌い上げた。

 こちらの楽曲も好評で、今年4月に公開されたMVは、YouTube上で2200万再生を突破。コメント欄には海外のアニメファンも集まっており、英語のコメントで埋め尽くされているのが印象的だ。さらに同曲は、LiSAによる映画『鬼滅の刃』の主題歌『炎(ほむら)』とともに、『令和2年アニソン大賞』も受賞した。

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン