• TOP
  • 芸能
  • 九重佑三子が語る梓みちよさん「強いけど放っておけない人」

芸能

2020.12.27 07:00  週刊ポスト

九重佑三子が語る梓みちよさん「強いけど放っておけない人」

梓みちよさんの思い出を歌手の九重佑三子さんが振り返る(写真/共同通信社)

梓みちよさんの思い出を歌手の九重佑三子さんが振り返る(写真/共同通信社)

 多くのスターがこの世を去った2020年。1月29日には梓みちよさんが亡くなった(享年76)。梓さんは1962年デビュー。翌年の『こんにちは赤ちゃん』が大ヒットし、1964年には天皇陛下に歌声を披露した。クラシックやジャズなど、幅広いジャンルを歌いこなす一方、テレビや舞台でも活躍し、老若男女から人気を獲得した。

 梓さんについて、歌手の九重佑三子さんが振り返る。

 * * *
 みちよちゃんは人を寄せ付けない雰囲気でした。私も結婚するまで、ほとんど話したことはありません。でも、結婚してから家に遊びに来るようになって。主人の田辺靖雄とは昔から仲が良かったからです。主人と息子と3人で焼き肉に行ってしまったこともありました(笑い)。

 私たち家族に、理想の家族像を重ね合わせていたんじゃないかな。寂しいそぶりは少しも見せないのに。強いけど放っておけない人でした。

※週刊ポスト2020年12月25日号

 

関連記事

トピックス