ビジネス

玉袋筋太郎「コロナなんかでスナック文化を絶滅させない!」

スナックは熟成された“ぬか床”

──行政は時短要請に応じた事業者には協力金を支給するとしています。

玉袋:もろ手を挙げて喜んではいられないよね。国の106兆円もの予算を心配しちゃうよ。そりゃ、貰えるもんは貰いたいけど、すべてがおんぶに抱っこでいいのかって。こっちにも意地があるからね。

 だけど、国の財政が心配になると、すべてが不安になっちゃうんだよね。そんな時だからこそ、トップの人が、我慢した先には夢と希望があることを宣言してもらわないと、みんな心理戦で参っちゃうよ。我慢の先に何があるのか、嘘でもいいから言ってほしいね。

 人間の心理なんて、うまくやりゃおまじない次第でさ、いい方向に向かうわけじゃない。みんなのマインドを明るくしていくことが大切だと思う。オレはよく言っているんだけど、“ネガティブな報道”と“明るい嘘”があったら、俺は明るい嘘に張るよ。

「国のトップは、我慢した先に夢や希望があると宣言して欲しい」と玉袋

「国のトップは、我慢した先に夢や希望があると宣言して欲しい」と玉袋

──明るい展望がない中でみんなが家に引きこもったら、地域コミュニティの場としての存在価値もあるスナック文化は失われてしまいますね。

玉袋:地方では生存確認の場だったりしますからね(笑い)。まあ、冗談じゃなく、今はスナックという素晴らしい場が絶滅の危機に瀕しているっていう状況になってるんですよ。なくなっちまったらどうなるんだ。

 スナック文化の灯りを消すのは簡単だと思うよ。でも、先輩方が築いてくれた熟成された夜の街の文化を再興するのは大変だよ。そう、スナック文化は、いい“ぬか床”なんだよね。これを残していくにはお客さんが出たり入ったりする繁盛という“攪拌(かくはん)”が必要なんだね。

 全部コロナが悪いんだけどさ、ここで日本が誇るスナック文化をダメにするわけにはいかないよね。

「陰ながらスナック文化の再興を応援したい」と玉袋

「陰ながらスナック文化の再興を応援したい」と玉袋

【プロフィール】
玉袋筋太郎/1967年、東京都新宿区出身。ビートたけしに弟子入りし、1987年に水道橋博士と「浅草キッド」を結成。現在はテレビ・ラジオ番組やイベント出演、書籍執筆など幅広く活動中。一般社団法人「全日本スナック連盟」の会長として、スナック文化の啓蒙に取り組み、SNSの拡大にも努めている。2020年11月より「玉ちゃんの“夜の街”応援プロジェクト」始動。YouTubeチャンネル「玉袋筋太郎の『夜Tube』」も配信中。

●聞き手/山田稔(ジャーナリスト)
●撮影/内海裕之

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン