ビジネス

玉袋筋太郎「コロナなんかでスナック文化を絶滅させない!」

「こんな時こそ祭りばやしを鳴らさなきゃ」

──このお店もアクリル板の設置を始めとした対策をきちんと講じていますね。スナックならではの対策はあるのでしょうか。

玉袋:ウチは、まず距離。先ほども言ったように定員を半分にしてディスタンスを取っているし、消毒も徹底してます。そして、(万が一の場合に備えて)感染経路が分かるようにお客さんに名前を書いてもらってます。カラオケも必ずマスク着用で、マイクは1回、1回消毒です。でもね、今年はマスクしてまで歌う人はほとんどいないけど(笑い)。

「最近はカラオケを歌う客も少なくなった」と玉袋

マスク着用でも「最近はカラオケを歌う客も少なくなった」と玉袋

──テーブル席では、従業員の女性が対面に座ってお酒をつくったりしますか。

玉袋:やっぱり感染を怖がっちゃってね。最初の一杯はずらした形の対面でつくって、後はカウンターの中に入っちゃう。カラオケも歌わず、女の子はカウンターの中。お客さんはセルフで酒をつくる。滑稽な光景ですよ。でも、そんな滑稽さを笑ってくれるお客さんが来てくれてますね。

 ウチのアルバイトレディは芸人をやっている子が多いんだけど、今はそっちの仕事もないしね。ウチだってお客さん半減だからシフトは減らさなきゃいけない。だから女の子は大変ですよ。そんな状況の中でも、頑張ってくれています。

時短要請で平日の営業時間はわずか2時間に

時短要請で平日の営業時間はわずか2時間に

──時短要請の影響も大きいですよね。

玉袋:時短要請が出るまでは20時から24時の営業で、男性は7000円で飲み放題だったけど、今は20時から22時までのわずか2時間の営業で、料金も5000円に下げてます。

 オレも以前は生放送などがある日は、22時に終わってすぐに店に駆けつけていたんだけど、今は営業が22時までだから、店に来る意味がなくなっちゃった。

──感染予防対策をして、なおかつ時短営業。厳しいですね。

玉袋:だからといって後ろ向きになってる場合じゃないんですよ。こういう時こそ、前向きになって応援していくしかないんだって。誰かが銅鑼たたいてさ、ジャンジャカ、ジャンジャカ祭りばやし鳴らさないとダメなんですよ。ただ、オレは精神論ではなくて具体的な対策を示しながら、祭りばやしを叩き続けていきますよ。

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン