• TOP
  • 芸能
  • 香取慎吾、民放ドラマ5年ぶりの主演 ネット経験値が活きるか

芸能

2021.01.03 16:00  NEWSポストセブン

香取慎吾、民放ドラマ5年ぶりの主演 ネット経験値が活きるか

(時事通信フォト)

表現者として進化し続ける(時事通信フォト)

 香取慎吾が民放ドラマに5年ぶりに帰ってくる。1月25日よりテレビ東京系にてスタートする主演ドラマ『アノニマス〜警視庁“指殺人”対策室〜』は、SNSでの誹謗中傷を題材としたサスペンスだ。

 香取が演じる主人公・万丞渉は、SNSトラブル専門の対策室「警視庁指殺人対策室」に配属された元捜査一課の刑事。そもそもテレビ東京のドラマに出演すること自体が1988年に放送された『あぶない少年III』以来33年ぶりである香取。番組公式サイトに〈小学生だった僕が電車でテレビ東京に通っていた時の緊張感が蘇ります〉とコメントを寄せている。

 久々の民放ドラマ出演に本人も燃えているようで、〈2021年の幕開けに、僕を必要としてくれたスタッフの皆様の思いと共に、テレビで、テレビ東京で、今の香取慎吾の全力を視聴者の皆様にお届け出来るように頑張ります〉と意欲を示した。

 SMAPが解散してから4年。“今の香取慎吾”とは、一体どんな存在なのか? きっと「新しい地図」になってからの香取を「のびのび活動している」と好ましく受け止めるファンも多いことだろう。現在はアーティストとしての活動にさらに注力し、2018年9月にはパリで初個展を開催。その半年後の翌2019年3月には国内初個展も開催した。

 2016年3月に放送されたスペシャルドラマ『ストレンジャー〜バケモノが事件を暴く〜』を最後に民放ドラマからは離れていたものの、演技自体から離れていたわけではない。2019年6月に公開された主演映画『凪待ち』での演技は衝撃的なものだった。メガホンを撮ったのは、『孤狼の血』や『日本で一番悪い奴ら』などアウトロー描写に定評がある白石和彌監督。白石監督と初タッグを組んだ香取は、恋人も仕事も失い自暴自棄になっていく主人公を熱演し、俳優として新境地を切り開いた。

 かと思えば、2020年9月より配信スタートしたAmazon プライムのオリジナルドラマ『誰かが、見ている』では、脚本・演出の三谷幸喜との黄金タッグで、“シットコム(シチュエーションコメディのこと)”に挑戦した。スタジオに観客を入れて基本的にノーカットで撮影する形式にも香取は見事に対応し、何かと失敗ばかりの主人公を愛嬌たっぷりに演じてみせた。

関連記事

トピックス