芸能

みちょぱが語る結婚観、浮気、家出、そして元カレの逮捕

みちょぱ

インタビューに答えたみちょぱ

 2020年、年間のテレビ出演本数・女性タレント部門ランキング4位となったみちょぱ(22歳)。3位までの面々が帯番組を持っていることを考えると、いまいちばんHOTな彼女が発売中の『Cheese!』2月号のインタビューに答えた。“ツッコミマシーン”の異名でテレビに引っぱりだこだが、自由奔放に見えてマジメで自分的NGルールもちゃんとある。例えば、心霊ロケ、グラビア、体を張る仕事はNG。そんな彼女のマインドが詰まったインタビューを同誌から紹介する。

 * * *
【結婚のこと】
 25歳までに結婚と出産がしたいです。ママになったら、コミュニケーションや人との接し方、礼儀は教え込みたいなって。私は勉強は出来ないから、私より頭がいい人じゃないと結婚できない!(笑)昔はヤンチャしてる男の人が好きだったけど、今は普通がいい。当たり前だけど、人間としてちゃんとしてる人(笑)。貯金とか、先のこと考えてるとか。

【浮気のこと】
 バレないでやってくれればいいかなって、今は思います(笑)。でも、知ってしまったら「それないわ」って徹底的に調査して、謝罪するしかない展開にします(笑)。私は彼氏がいたら一途。見た目がギャルっぽくて不安に思われがちだから、必要ない異性の連絡先は消すし連絡もしない。不安にさせたくないから「携帯見ていいよ」って、ちゃんと証明しようとします。言われる前に、思われる前に。

【ギャルのこと】
 中学高校はギャルに憧れて、制服でどこか出かけるときはルーズソックスを履いてました。ルーズを履けば、勝手にギャルになれると思ってて(笑)。ギャルが着るような服を一式そろえたし。私、中学校で仲いいグループから急に嫌われたとき、「意外と一人のほうがラクじゃん?」って気づいて。休み時間になったら「教室がウザい」って携帯持ち出して、一人でトイレに行って。渋谷に行ったり、サークル入ってたり。中3で「美舞羽凛」っていうイベントサークル作ってイベントしたり。大人も一緒だったから「ほう・れん・そう(報告・連絡・相談)」とかも学びましたね。でもやっぱり、ギャルって結局マインドだなって思いますね。

【渋谷のこと】
 中1くらいのときに反抗期で、学校行かずに勝手に渋谷行ってましたね。ピアスも開けたいし、髪の毛も染めたいけど、マジメな中学校だったから自分の好きなことできなくって。学校行ったフリして荒川土手で寝て、ママが仕事に出たら1回家に帰って、メイクして渋谷に行くっていう(笑)。そのくらいがMAXギャルでしたね!

関連キーワード

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン