スポーツ

東京五輪、規模縮小なら開催可能? 米テレビ局の動きは予測不能

田中希実は(時事通信フォト)

1500m、3000mで日本記録を持ち5000mで東京五輪内定も果たしている田中希実選手(時事通信フォト)

 新型コロナウイルス感染拡大によって、2020年から2021年に開催が延期となった東京五輪。いまなお本当に開催できるのかどうか、難しい状況だが、代表選考会などのニュースが増えている。

「日本では、初夏から野球、相撲、Jリーグなどのプロスポーツを開催してきた実績があり、プロ野球はキャパ50%で行って、感染が確認されたのは2人だけ(NPB〈日本野球機構〉の発表より)。

 この春には、水泳などでオリンピック会場を使ったトライアル大会が行われるなど、選手や運営側では着々と開催する方向で準備し動いています。もちろん国によっては選手を派遣しない可能性もないわけではないが、五輪開催は前向きに進んでいくでしょう」

 そう期待を寄せるのは、スポーツキャスター&ライターの青島健太さん。

 一方、スポーツジャーナリストの生島淳さんは慎重派だ。「おそらく規模を縮小する形で五輪は開催されると思いますが、水泳や陸上の五輪代表が6月のトライアルで決まるアメリカの動向が気になります。ここで新型コロナ感染拡大で五輪代表を選べないような事態になったら、米国テレビ局がどう動くか予測不能ですね」

 開会式・閉会式の簡略化や、マスコミの受入数を減らすなどして300億円を削減。3月までには、最終決定が下される予定だ。

 では、東京五輪で期待できる日本人選手は誰なのか?

「5000m走の田中希実選手は陸上部に所属せず、お父さんがコーチで、日本記録を次々塗り替えた。自立していて強い選手です」(青島さん)

「水泳では復調してきた萩野公介選手と、平泳ぎで伸び盛りの佐藤翔馬選手が注目です。2人は五輪が1年延びて幸運でしたね」(生島さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン