ビジネス

女子大生ウーバー配達員 男性客に「スクショした」と言われて

フードデリバリー「ウーバーイーツ」の看板(時事通信フォト)

フードデリバリー「ウーバーイーツ」の看板(時事通信フォト)

 この数年、景気は回復したと言われ続けたが、こと雇用に関しては信用ならないのが実情だった。2013年1月に比べて2020年1月の正規労働者は173万人増えたが、非正規労働者はさらに322万人も増加。雇用の調整弁として、あらかじめ用意された存在が増えていただけだった。新型コロナウイルスの感染拡大によって、さっそく調整されてしまった非正規労働者から、少なくない人たちがフードデリバリーの配達員に転じ、街角で大小様々な軋轢も生じさせている。俳人で著作家の日野百草氏が、雇用調整の波に巻き込まれウーバー配達員をしている女子学生についてレポートする。

 * * *
「もしかしてウーバーの取材ですか」

 年末の都内ファストフード店前、珍しく若い女性のウーバー配達員(配達パートナー)がいたので声をかけてみたらこの反応。

「地蔵はしてませんよ? 寒いし」

 何もかも見透かされてしまった。それにしても今日はとくに寒い。女性はマヨさん(仮名・20代)、おしゃれな20インチのミニベロだがウーバーの配達に使うには大変そうだ。

「うちのアパート駐輪場がいっぱいだし盗難怖いんで、部屋に入れるとなるとこれが限界なんですよー」

 語尾を伸ばして気さくに明るく笑うマヨさん、防寒で着膨れてモッコモコな上に大きなウーバーの箱を背負っている。もしかして最近始めたのでは?
 
「そうなんですよー、でもだめです。稼ぐ人はすごいと思います」

 良くも悪くも都会の風景として定着したウーバー配達員、筆者の見る限り、女性の配達員はとても少ない。

「お地蔵さんって言えば、警察がお地蔵さんたちに聞いてまわってましたよ、揉めてる人もいました」

 警察の地蔵狩りだろう。10月ごろから筆者も見かけているし、大規模なものは池袋であった。店舗前の路上で配達のリクエストが鳴るまでじっと待つ配達員、通称「ウーバー地蔵」に職務質問をして、ときには身分証の提示などを求めている。もっとも警察は地蔵だから逮捕するわけではない。目的は外国人不法滞在者のあぶり出しだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン