12月22日に厚生労働省が公表したところによると、新型コロナウイルスによる雇い止めや解雇は12月18日の段階で7万7739人に及んだ。実質的には雇い止めや解雇でも、退職勧奨や表向きの自主的な退職、意図的なシフト減などによる退職などを含めると現実にはこの実数をさらに超えているであろうことは容易に想像できる。

「私の大学でも困ってる人が多いです。中退した子もいます」

 このコロナ禍の経済的疲弊は日本の学生にも容赦なく襲いかかった。文部科学省は「新型コロナウイルスにより経済的な影響を受けている学生等への緊急対応措置「-学生の”学びの支援”緊急パッケージ(令和2年12月~)-」として支援を実施している。在学生の場合、アルバイト代の減収に対する緊急支援として10万円(非課税世帯は20万円)を支給、無利子貸与型奨学金事業も柔軟化した上で再募集している。また就職が決まらない学生にも有利子奨学金の貸与期間延長や休学中の者への有利子奨学金の継続貸与を実施、返還期限も猶予、延長としているが、現実問題として学生が学ぶため、生きるために学費と生活費を賄うには明らかに足りないだろう。またこの期に及んでも貸与であり、給付ではない。学生も借金漬けにするのが日本の文教政策だ。

「教えるの好きだし先生になりたいから塾の個別に戻りたいんですけど、あれはまったくお金にはなりませんからね。いま社員さんも余ってるから学生講師なんかいらないんです」

 なるほど、マヨさんは塾講師の経験があるのか。でも彼女の言う通り、コロナ禍の統廃合で社員講師やプロ契約の講師すら切られているのが現状だ。まして集団授業でなく学生さんの個別講師では、何コマか入れたとしてもまともな収入にはならないだろう。

「だから短期の派遣とかウーバーでしのいで、来年には新しいアルバイトを見つけます」

 そう言って微笑むマヨさんと別れた。この経験はきっと教師になったときに生かされるだろう。それまでに忌々しいコロナ禍が消え失せてくれていたらと願わずにはいられない。氷河期世代は我々だけでたくさんだ。

 総務省の労働力調査では2020年7月の女性雇用者数は前年同月比で81万人(!)減った。小売や外食の非正規従事者が多く、接客、対人系のエッセンシャルワークが大半という就業形態に直撃した形だ。12月25日発表の11月労働力調査でも非正規雇用全体で62万人が減ったが、そのうち女性は37万人と、依然として女性の減少幅が大きい。女性の一人暮らしやシングルマザーなどの世帯主はもちろんだが、日本の女性非正規の多くは夫の家計を補填するために就業している。つまり女性非正規の減少は一般家庭の収入減にも直結している。マヨさんの家はどうか知らないが、息子や娘の学費のためにパートに出ている母親だって多い。そもそも同調査では就業者数そのものが55万人減で、8ヶ月も減少が続いていると分析されている(!)。もはや2021年以降の雇用なんて誰にも約束されていない。

 マヨさんのことを「学生なんか親掛かりだしどうでもいい」と思う向きもあるだろうが、そんなコロナ禍に疲弊した市井の意見がどんな業種、どんな雇用形態に対しても露呈している。「公務員だからどうでもいい」「年金者なんかどうでもいい」「正社員だからどうでもいい」「非正規なんかどうでもいい」――。いよいよ第三波にまみれた日本、コロナ元年を越したこの2021年、命をとるか経済をとるかの選択に、「誰を助けるか」の選別が加わろうとしている。

【プロフィール】
日野百草(ひの・ひゃくそう)/本名:上崎洋一。1972年千葉県野田市生まれ。日本ペンクラブ会員。出版社勤務を経てフリーランス。2018年、評論「『砲車』は戦争を賛美したか 長谷川素逝と戦争俳句」で日本詩歌句随筆評論協会賞奨励賞を受賞。寄草『誰も書けなかったパチンコ20兆円の闇』(宝島社)、著書『ルポ 京アニを燃やした男』(第三書館)など。

関連キーワード

関連記事

トピックス

「夢みる光源氏」展を鑑賞される愛子さま
【9割賛成の調査結果も】女性天皇についての議論は膠着状態 結婚に関して身動きが取れない愛子さまが卒論に選んだ「生涯未婚の内親王」
女性セブン
勝負強さは健在のDeNA筒香嘉智(時事通信フォト)
DeNA筒香嘉智、日本復帰で即大活躍のウラにチームメイトの“粋な計らい” 主砲・牧秀悟が音頭を取った「チャラい歓迎」
週刊ポスト
『虎に翼』の公式Xより
ドラマ通が選ぶ「最高の弁護士ドラマ」ランキング 圧倒的1位は『リーガル・ハイ』、キャラクターの濃さも話の密度も圧倒的
女性セブン
羽生結弦のライバルであるチェンが衝撃論文
《羽生結弦の永遠のライバル》ネイサン・チェンが衝撃の卒業論文 題材は羽生と同じくフィギュアスケートでも視点は正反対
女性セブン
“くわまん”こと桑野信義さん
《大腸がん闘病の桑野信義》「なんでケツの穴を他人に診せなきゃいけないんだ!」戻れぬ3年前の後悔「もっと生きたい」
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
中森明菜
中森明菜、6年半の沈黙を破るファンイベントは「1公演7万8430円」 会場として有力視されるジャズクラブは近藤真彦と因縁
女性セブン
食品偽装が告発された周富輝氏
『料理の鉄人』で名を馳せた中華料理店で10年以上にわたる食品偽装が発覚「蟹の玉子」には鶏卵を使い「うづらの挽肉」は豚肉を代用……元従業員が告発した調理場の実態
NEWSポストセブン
撮影前には清掃員に“弟子入り”。終了後には太鼓判を押されたという(時事通信フォト)
《役所広司主演『PERFECT DAYS』でも注目》渋谷区が開催する「公衆トイレツアー」が人気、“おもてなし文化の象徴”と見立て企画が始まる
女性セブン
17歳差婚を発表した高橋(左、共同通信)と飯豊(右、本人instagramより)
《17歳差婚の決め手》高橋一生「浪費癖ある母親」「複雑な家庭環境」乗り越え惹かれた飯豊まりえの「自分軸の生き方」
NEWSポストセブン
店を出て染谷と話し込む山崎
【映画『陰陽師0』打ち上げ】山崎賢人、染谷将太、奈緒らが西麻布の韓国料理店に集結 染谷の妻・菊地凛子も同席
女性セブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン