ライフ

高橋真麻が振り返るコロナ禍での出産 「不安より喜び大きかった」

はテレビ電話を使って伝えていたという

産後はテレビ電話を使って伝えていたという(写真/オフィシャルblog『マーサ!マーサ!タカハシマーサ!」より)

 2020年4月に第1子を出産したフリーアナウンサーの高橋真麻さん(39才)。コロナ禍での出産の裏側では、どんな思いを抱いていたのだろうか──。

「新型コロナウイルスが感染拡大する前の予定では、夫の立ち会い出産で、母もその場に付き添うことになっていたんです。産後は病院内にあるレストランで家族や友人たちと食事をしてお祝いでも……というイメージを描いていました」(真麻さん・以下同)

 高橋真麻さんが第1子(女児)を出産したのは2020年4月末。コロナ禍で最初の緊急事態宣言が発出されたのが4月7日(東京都・大阪府・福岡県など7都府県が対象)、その措置は同16日に全国に拡大されたので、まさに禍中での出産となった。

「政府の特別措置法に基づき、緊急事態宣言が成立したのが3月のこと。この時点で、妊婦健診時に夫の診察室への入室が禁止されてしまいました。毎月、超音波で赤ちゃんの成長を見るのを楽しみにしていましたが、それもできず。希望していた立ち会い出産もできなくなりました。面会も夫のみに限られ、それも出産後1時間だけという状況になってしまったので、お産から退院まではひとりで過ごすことになりました」

執着せずに諦める

「最初に担当の医師から立ち会いや面会ができないと聞いたときは、『えっ!?』と絶句。ショックはありました。でも、家に帰った頃には『しょうがないや』って諦めがつきましたね。

 私、物事に執着しないことを心がけているんです。理想を描きすぎると、それがズレたときに自分が傷ついたり嫌な気持ちになってしまうので、期待せずに現実を柔軟に受け止める。そんなふうに気持ちの切り替えをして、とにかく無事に子供を産むことだけを考えるようにしました」

 物事に執着しない考え方は、社会人になってから身についた癖のようなもの。局アナ時代に構築されていったという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

南野陽子が『ザ・ベストテン』の思い出を振り返る
南野陽子が振り返る伝説の音楽番組『ザ・ベストテン』の思い出 「アットホームな雰囲気だけど背筋が伸びる」
週刊ポスト
今いくよ・くるよのコンビは上方漫才大賞の大賞をはじめ、いくつもの賞を受賞し、“女性漫才師のパイオニア”として活躍した。(時事通信フォト)
《時代を敏感に感じ取ってきた女性芸人たち》日常的だった「容姿いじり」からの脱却、変化するその環境や意識
女性セブン
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン