芸能

『愛の不時着』リアル熱愛の2人、思いは隠せなかった

©CultureDepot. ©STUDIO DRAGON CORP.

(c)CultureDepot.(c)STUDIO DRAGON CORP.

 2020年の大ヒットとなった韓国ドラマ『愛の不時着』。その愛の行方を多くの視聴者が見守ったドラマの主演のヒョンビン(38才)とソン・イェジン(38才)がプライベートでも交際8か月であることを認め、ドラマは再びNetflixのランキング上位に入るなど大きな話題となっている。

「ヒョンビンとソン・イェジンの2人は作品を通じた縁で、ドラマ終了後、互いに良い感情を持つ恋人関係に発展しました」(ヒョンビンの所属事務所)

「2人は作品活動を通じて親交を深め、ドラマ終了後、互いに好感を持って交際し、恋人関係に発展しました」(ソン・イェジンの所属事務所)

 共に「ドラマ終了後」に交際スタートとコメントを出しているが、『愛の不時着』撮影中から、お互いを愛しい存在と意識していたのだろうと思わせる映像を確認することができる。

 それが1月8日から2月27日までの東京会場のjing(東京都渋谷区)を皮切りに、大阪・福岡・名古屋の3か所で順次開催される「愛の不時着」展だ。

 会場では450点以上の写真やセット、小道具だけではなく、韓国で放送されたが日本では未公開の『愛の不時着』のメイキング映像が流れている。そこでは、シリアスなシーンを取り終わった後に見つめ合って微笑み合う2人、一緒にピアノを弾いたりふざけ合ったり、撮影終了後に自然と寄り添って歩いていく様子など、演技を離れても隠すことのできない素のうれしそうな笑顔が残されていた。

自転車2人乗り

(C)CultureDepot. (C)STUDIO DRAGON CORP.

 これまで韓国ドラマに興味のなかった男性層や、ステイホームで在宅時間の増えた人気芸能人らをもとりこにした『愛の不時着』。ファンを公言するタレントの笑福亭鶴瓶(69才)と乃木坂 46の齋藤飛鳥(22才)が「愛の不時着」展の音声ガイドのナビゲーターを務めている。

 鶴瓶は、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組『日曜日のそれ』(ニッポン放送)で、ステイホームの影響でいつも以上にテレビを見るようになり、元々はドラマをじっくり見続けるタイプではないにもかかわらず、『愛の不時着』にどハマりしたと語った。さらに、「そんな人間じゃなかったんや、俺は…。まだ見てない人は、見るのをやめた方がいい。えらいことになる(笑)」と魅力を熱烈にアピール。

 それを知ったヒョンビンから直筆の手紙が届くというサプライズも。手紙は、作品を愛してくれた鶴瓶と日本での大ヒットに対する感謝と、「『心から願い、待てば必ず会える』というドラマの台詞のように、いつか一緒に会える日が来ることを願っています」という言葉で結ばれていた。

 鶴瓶はラジオ番組で手紙を読み上げ、「ぞっとしたわ! すごいやんこれ! ヒョンビンって書いてあるし、俺はツルビンやし。きれいな字やわ~」と大興奮。

 また10月に日本のファン向けに生配信されたソン・イェジン初のオンラインファンミーティングでは、『MBSヤングタウン日曜日』(MBSラジオ)とのコラボ企画で鶴瓶が特別出演し、ソン・イェジンと感動の初対面も果たしている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン