芸能

『大コメ騒動』室井滋の“おばばぶり”に樹木希林を見た

『大コメ騒動』(公式HPより)

『大コメ騒動』に出演する室井滋(写真左、公式HPより)

 井上真央主演の映画『大コメ騒動』が話題を集めている。特に、“清んさのおばば”を演じる室井滋(62才)の存在感が際立っている。コラムニストのペリー荻野さんが室井の演技について解説する。

 * * *
 先日公開された映画『大コメ騒動』は、第一次大戦の好景気に沸く1918(大正7)年、富山の小さな漁師町で米の急騰に怒ったおかか(女房)たちが「家族に腹いっぱい食べさせたい!」と起こした「米騒動」を痛快に描く。

 監督は富山出身の『超高速!参勤交代』の本木克英。室井滋、立川志の輔、西村まさ彦、柴田理恵、左時枝など富山出身キャストも多数出演。米米CLUBが書き下ろした主題歌『愛を米て』も話題だ。

 私も早速見た。いよいよ行動に出た大勢のおかかたちが、砂浜を走って米俵やそれを運び出す男たちに体当たりする。その先頭に立つのが、真っ黒に日焼けした主演の井上真央、すぐ後ろでしゃもじ片手にバシバシと戦っているのが鈴木砂羽、みんな縄は投げるわ、棒は振り回すわ、地元エキストラの女性たちも参加して、もう大変。個人的には「米騒動」については教科書に載っていたな~というくらいの知識で、これが「井戸端から社会を変えた」「日本史上初めて女性が起こした市民運動」と言われていることや、この騒動が新聞に「女一揆」と大きく報じられて全国に広まったということ、その結末も含めて、「そうだったのか」と驚くことばかりであった。

 そんな中、私が注目したのは、室井滋のおばばぶりだ。室井が演じるのは、おかかたちのリーダーである“清んさのおばば”。おばばは、出稼ぎに出た夫を待ちながら毎日60キロ(!)もの米俵を担いで働くおかかたちに頼りにされる存在だ。米の値段を吊り上げる米屋にも堂々と苦情を言い放ち、大事な米の運び出し阻止のため、おかかたちと動く。合言葉は「コメを旅に出すなー!!」である。ぼーぼーの白髪頭にごつごつした日焼け顔、鋭い眼光にへの字口。なかなかに迫力があるおばばだ。

 室井のおばばといえば、2007年の映画『ゲゲゲの鬼太郎』の砂かけ婆も印象深い。この映画も本木監督、井上真央出演作である。灰色の着物にどろーんとのびた白髪、目の周りには真っ黒いクマができた砂かけ婆、いざとなると爪の伸びた手から砂をかけて目つぶしする妖怪だ。だが、比べてみると砂かけ婆よりも清んさのおばばのほうがインパクトがある感じが。人間なのに…。資料によれば、幼いころ、家の近所に清んさのおばばに相当する人がいて、室井はその姿を見ただけで泣いていたらしい。おばばがリアルでイキイキして見えるのは、実体験があったからなのだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
女子ゴルフ界の新星として注目を集める清本美波
【プロテストでトップ合格】女子ゴルフ界の新星・清本美波、女子大生と二足のわらじを履く18歳「目標はタイガー・ウッズ」
週刊ポスト
詐取の疑いで逮捕された元宝塚“大滝子”こと光原エミカ(HPより)
《『水ダウ』ざます企画に出演》元宝塚・月組トップスターが現金1000万円詐取の疑いで逮捕「ディナーショーが8万円に値上がり」ファンが察知した違和感
NEWSポストセブン
全国赤十字大会ではスピーチに目を潤ませる場面もあった(4月、東京・千代田区。写真/JMPA)
『虎に翼』を楽しんでいらっしゃる雅子さまと愛子さま 女性天皇への期待高まるなか、揺れるお立場に「日本初の女性弁護士の物語」を重ねられて
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン