芸能

桐谷美玲と三浦翔平のベビーカーでお出かけ姿 愛犬家マナーにも好印象

愛犬家としてマナーをしっかり守る桐谷美玲と三浦翔平

愛犬家としてマナーをしっかり守る桐谷美玲と三浦翔平

 昨年の12月下旬の昼下がり、都内の閑静な高級住宅街でベビーカーを押しながら犬の散歩をしている、ひと際小顔のカップルが現れた。誰もがうらやむ美男美女夫婦は、女優・桐谷美玲(31才)と俳優・三浦翔平(32才)である。黒いマスクで顔の下半分を覆っていても、その美しさが漏れ出ている。

 昨年7月に出産した長男と愛犬「ぱとら」まで一緒の家族4ショット。テレビのバラエティー番組でも、三浦が夫婦の仲良しエピソードを良く話しているが、その通りの円満ぶりだ。

 ゆっくり歩いていると、ぱとらがピタリと止まった。後ろ足を折りたたみ前足は踏ん張りプルプルと小刻みに震えている。それをじっと待つ3人。約20秒後、リードを持っていた桐谷が、慣れた手つきでビニール袋を取り出し座り込む。黒のレザーロングコートが路面についても気にすることなく、丁寧に愛犬のうんちを処理して、再び歩き出していった。

 近所の60代女性は「桐谷さんたちはよく見かけますよ。おしっこも必ずペットボトルのお水できれいに流されています。このあたりでは犬の散歩をする人が多くて、たまに処理を怠る人がいるけど、あのお二人は人一倍衛生面のマナーを守られている印象です」と明かした。「お二人とも有名な人気者だから、余計に気を付けていらっしゃるのかな」と、ほほえましそうに言葉を続けた。

 ちょうど昨年末には、滝川クリステル(43才)と小泉進次郎環境大臣(39才)夫妻が、この日の桐谷・三浦夫妻と全く同じく、長男を抱きながら大型犬を散歩。SP2人を引き連れながらも、愛犬が歩道で3回もおしっこをしても後処理はせずに放置したまま去ってしまい、その光景を報じられてバッシングを受けていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン