芸能

本領発揮の広瀬アリス 女子高生から恐妻まで演じ分ける振れ幅

広瀬アリス演じる“鬼嫁”に悩まされ…(時事通信フォト)

役者としての器用さが評価されている広瀬アリス(写真/時事通信社)

 関ジャニ∞の大倉忠義(35才)が主演を務める新ドラマ『知ってるワイフ』(フジテレビ系)が話題だ。既に放送された3話までの視聴率は6~7%台と芳しくないものの、SNSを覗くと「ワンオペ育児で感情的になる妻がリアル」「育児に非協力的なダメ夫の典型」といった共感の声が多く並ぶ。中でも、ヒロインを務める広瀬アリス(26才)に大きな注目が集まっている。映画や演劇などに詳しいライターの折田侑駿さんが、彼女の魅力について解説する。

 * * *
 この冬新たにスタートした『知ってるワイフ』は、韓国の同名ドラマのリメイク作。リメイクに際し多少の設定の変更が施されてはいるが、一組の夫婦をめぐって“本当に大切なことは何か?”という問いを描いている点は同じ。「自分の結婚生活はこんなはずではなかった。過去に戻って人生をやり直したい」と嘆く恐妻家の主人公・剣崎元春(大倉忠義)が、ある日過去にタイムスリップし、妻(広瀬アリス)を別の女性と入れ替わってしまう物語だ。

“恐妻”を演じているのが広瀬である。モデル業を活動の中心としていた時期から数えると10年以上のキャリアを持つ彼女は、いまや映画やドラマなどエンタメ界に欠かせない存在だ。コメディエンヌとしての才能を開花させた連続テレビ小説『わろてんか』(2017年)を皮切りに、“月9”でメインキャストの一人に名を連ねた『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』(2019年)、主演映画『氷菓』(2017年)や『巫女っちゃけん。』(2018年)に続き、2020年には映画『AI崩壊』と『サイレント・トーキョー』でベテラン勢に囲まれながら重要なポジションを担った。ジャンルや作品の規模にかかわらず、とにかく引っ張りだこなのだ。

 今でこそ俳優としてのキャリアが正当に評価されている広瀬だが、かつては“広瀬すず(22才)の姉”ということばかりがフォーカスされていた。しかし、先に挙げた作品群からも分かるように、芸人や放射線技師、粗暴な性格の巫女、新米刑事など早くからさまざまなキャラクターに挑戦し続け、今では“何でも演じられる俳優”というイメージが広く浸透しているようだ。バラエティ番組などで見せる素の一面とのギャップも好評で、それがさらなる俳優としての評価にも繋がっているのだろう。

 そんな広瀬の演じ手としての器用さは、今作『知ってるワイフ』でも遺憾なく発揮されている。彼女は、瑞々しい女子高生姿から就活に苦労する大学生、感情的な恐妻、爽やかで理知的な社会人まで、年代や置かれている環境ごとに見事にヒロイン・澪を“演じ分け”ている。澪という一人の人間が年齢を重ねていくにつれての変化や、元春が過去を変えてしまったことによって見えてきた本来の彼女の可能性を、巧みに表現しているのだ。それぞれの澪があまりに乖離してしまえばこの物語のリアリティは失われてしまうはずだが、この不可思議な物語を成立させるため、広瀬が背負っているものは大きいと思う。

関連キーワード

関連記事

トピックス

銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
三田寛子が意味深投稿(公式インスタグラムより)
《中村芝翫が2年ぶり4度目の不倫》報道当日に妻・三田寛子が〈悪意の嘘〉とインスタグラムに意味深投稿
週刊ポスト
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
小保方晴子さんが
《STAP細胞騒動から10年》小保方晴子さんが「極秘結婚」 お相手は有名企業勤務の “敏腕科学者”
女性セブン
「株式会社嵐」を設立したメンバー(2019年11月撮影)
「株式会社嵐」社長就任の“敏腕弁護士”が明かした設立経緯と今後の展望「5人の意思表明として会社を作った」「メンバーがSTARTO社と話すにあたってサポート」
NEWSポストセブン
Ayase(右)にとって、音楽の入り口はEXILEだったという(写真はAyaseのインスタグラムより)
ホワイトハウスに招かれたYOASOBI・Ayase「高校中退」「大病」「何年も続いた極貧生活」からの“逆転人生”
女性セブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
NEWSポストセブン