芸能

高級マンションにお引越しの出川哲朗 結婚17年“謎の妻”との関係

亭主関白と恐妻家のハイブリッド!?

亭主関白と恐妻家のハイブリッド!?

 冷たい風が吹きつける1月下旬の夕方、コンビニのレジ袋を下げた中年男性が瀟洒なマンションに入ろうとしている。話しかけると、あのダミ声と人懐っこい笑顔で、

「勘弁してくださいよぉ。この家、誰に聞いたんですか? 愛人と一緒に住んでるとか言うんでしょ? 勘弁してくださいよぉ!」

 と、聞いてもいないのに自ら“疑惑”を持ち出し、オーバーな反応を見せた。さすがは、お笑い界のリアクション王・出川哲朗(56才)である。出川は最近、16年間も住んだ「愛の巣」を引き払い、新居へと引っ越していた。その理由とは──。

 かつて女性誌の「抱かれたくない男」ランキングでトップに君臨していたのは遠い昔。出川はいま、老若男女から支持を集める好感度芸人に生まれ変わっていた。

「特に『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で体を張る姿は、子供や若者に笑いと勇気を与えています。業界からも『ウラオモテがなく腰も低い』と評判ですし、令和になっても安定して仕事があります」(テレビ局関係者)

 現在、レギュラー番組4本で、CM契約は8社。一部では「年収5億円」とも報じられた。
 仕事は順風満帆な出川だが、私生活は謎めいている。2004年、14才年下で元レースクイーンの瑠理子さん(42才)と結婚。“美女と野獣婚”と揶揄されたが、間もなく美女は“鬼嫁”に豹変した。

「出川さんは毎朝、瑠理子さんに『死ね死ね死ね』という歌で起こされ、風呂場には『くそ哲殺す』という呪いの言葉が書き殴られていたそうです。結婚から2年後には『妻とはセックスレス』と自虐的に言っていました」(芸能関係者)

 結婚17年目のベテラン夫婦だが、2ショットの目撃談はほとんどなし。そして出てきたのが別居説である。

関連キーワード

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン