国内

囲碁プロ棋士の賞金ランキング トップ10棋士の意外な「使い道」とは

9年連続で1億円超えの賞金を獲得している井山裕太三冠(時事通信フォト)

9年連続で1億円超えの賞金を獲得している井山裕太三冠(時事通信フォト)

 囲碁の日本棋院がプロ棋士の賞金ランキング(2020年)を発表した。1億円を越えた井山裕太三冠が10年連続1位となり、女性棋士も2人がベスト10にランクインした。囲碁ライターの内藤由起子氏が、囲碁界の賞金事情と棋士たちの賞金の使い道について明かした。

 * * *
 囲碁の賞金ランキングは、タイトル料(優勝賞金)と対局料が合算されたもの。タイトル料と対局料は「棋聖戦」は読売新聞社、「名人戦」は朝日新聞社などと、スポンサーから支払われる。

 対局料は棋戦や予選・本戦・リーグ戦などのレベルによって千差万別だ。一番下のC予選は数万円くらいから始まり、B予選、A予選と進むにつれ対局料も増加していく。挑戦者決定リーグでは、勝てば1局100万円近い対局料になるものもある。

 ちなみに、番勝負はタイトル料に対局料が含まれ、何局戦っても(4勝3敗のフルセットでも4勝0敗のストレート決着でも)同額支給になる。

 国民栄誉賞の井山裕太棋聖、現在大活躍の「令和三羽ガラス」(芝野虎丸王座・十段、一力遼天元・碁聖、許家元八段)、アラフォー世代となった「平成四天王」(山下敬吾九段、張栩九段、羽根直樹九段、高尾紳路九段)ら各世代を代表する棋士らがトップ10(以下)を占めた。

(1)井山裕太棋聖(31)/1億2851万9441円
(2)一力遼天元(23)/4860万9332円
(3)芝野虎丸王座(21)/4741万2860円
(4)藤沢里菜女流本因坊(22)/2741万0030円
(5)河野臨九段(40)/2692万7300円
(6)山下敬吾九段(42)/2099万3400円
(7)許家元八段(23)/2096万2681円
(8)上野愛咲美扇興杯(19)/1754万5862円
(9)張栩九段(41)/1196万9400円
(10)羽根直樹九段(44)/1172万2000円

 今年も井山三冠がダントツでトップの座を守った。棋聖(タイトル料4500万円/以下同)、名人(3000万円)、本因坊(2800万円)は2日制の七番勝負で、囲碁界の三大タイトルだ。井山三冠は、囲碁界のタイトル料が高い順に3つ持ち、それだけで1億円を越えた。

 ほかにも阿含・桐山杯(1000万)、NHK杯(500万円)も優勝し、それ以外の対局料も加え、1億2851万9441円となった。

 1億円プレイヤーは過去に遡っても小林光一名誉棋聖(3回)、趙治勲名誉名人(4回)、張栩九段(4回)の3人しかいない。4人目の井山三冠は、9年連続1億円越えと驚異的な成績をあげている。

関連記事

トピックス

秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
『舞いあがれ』、目黒蓮登場の新章でメイン脚本家交代に賛否 SNSでは反省会が盛んに
『舞いあがれ』、目黒蓮登場の新章でメイン脚本家交代に賛否 SNSでは反省会が盛んに
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン
女優・倉科カナの笑顔に周囲もメロメロ
倉科カナ、撮り直しでも笑顔絶やさぬロケ現場 周囲をメロメロにする“カノーラ”の魅力
週刊ポスト
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
【妻殺害容疑の長野県議】地元では以前から「逮捕Xデーはいつか」と話題になっていた
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン