一番出費したのは「バキバキスマホの修理代」

 高校を卒業したばかりの上野さんは実家暮らし。まだ10代の若さで一昨年は2077万円、昨年は1754万円も稼いでいるが、欲しいものはないし、化粧品なども買わないという。

10代の若さで1754万円の賞金を獲得した上野愛咲美・扇興杯(時事通信フォト)

10代の若さで1754万円の賞金を獲得した上野愛咲美・扇興杯(時事通信フォト)

「子供のころは文房具が欲しかったりしましたが、今は物欲もなくて……」という上野さんに、何にお金を使うのかと聞くと、隣に座っていた里菜さんから「一時期、携帯電話を何回も壊していたじゃない?」とのコメントが飛んできた。

 すると、「何度も画面がバキバキに割れちゃって、店員さんと仲良くなるほど、しょっちゅう通いました(笑い)」と上野さん。1回1万円以上かかったそうだが、でもそれだけ。若手棋士は遊ばず“碁ひと筋”の人が活躍しているので、貯まる一方のようだ。

1000万プレイヤーも近い仲邑菫初段

 若手の注目棋士といえば、今年4月から中学生になる仲邑菫初段。昨年は女流棋聖戦でベスト8に残るなど、徐々に実績を積んできている。本人も「中学生のうちに女流タイトル獲得」が目標といい、達成すれば、中学生で1000万円プレイヤーになるのも夢ではない。

仲邑菫初段は史上最速、中学生で1000万円プレイヤーになるか(時事通信フォト)

仲邑菫初段は史上最速、中学生で1000万円プレイヤーになるか(時事通信フォト)

 小学生でプロになった先輩の藤沢女流本因坊は、16歳のとき(2014年)女流本因坊と会津中央病院杯(現・立葵杯)のふたつのタイトルを獲得し、1673万円を稼いで女流トップに躍り出ている。菫初段が史上最速で1000万円を超え、藤沢女流本因坊の最年少記録を破ることができるかどうかも今後の注目ポイントだ。

 ただ、藤沢女流本因坊と上野扇興杯のふたりは特に「トップ棋士と遜色ない実力」と井山棋聖も認めており、立ち向かう菫初段にとっても簡単な相手ではない。

 現在は大阪から東京に所属を移籍して、さらなる飛躍を目指している。菫初段がいつベストテンに名乗りを挙げるのかも楽しみだ。

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン