国内

電動キックスケーターのウーバー配達員、危険でもバレなければOKなのか

フードデリバリー中のバイク、自転車、電動キックスケーターが併走するスウェーデン・ストックホルム(EPA=時事)

フードデリバリー中のバイク、自転車、電動キックスケーターが併走するスウェーデン・ストックホルム(EPA=時事)

 この方の意見はもっともで、筆者がこれまで特に懸念してきたことは万が一の事故、そして保険のことである。自転車登録で電動キックスケーターを含む原付などの車両を用いるといった、登録外の車両で配達する行為はウーバージャパンの重大な規約違反だ。バレれば即アカウント停止だが、それより怖いのは、ウーバージャパンの用意する保険が適用されないことにある。自賠責は被害者救済のために適用されるが、任意保険は保険会社次第、約款に違反しているわけで自腹になりかねない。莫大な賠償金を私財で払えるのか。自身はもちろん、他人に障害を負わせたり死亡させたりでもしたら一生が終わる。保安部品なし、ナンバー未取得状態の電動キックスケーターで商業配達など常軌を逸している。その場合、自賠責すらないのだ。本当に一生が終わるというのに、何を考えているのか。

 この電動キックスケーターについてウーバージャパンにメールで問い合わせると、以下の回答が寄せられた。

「配達パートナー登録にあたっては、自転車あるいは 125cc 以下の原動機付自転車、または貨物軽自動車運送事業登録車両が登録可能です。このため道路運送車両法上、原動機付自転車と分類される電動スケーターであれば、原動機付自転車と同様の必要書類をアップロードの上、登録いただくことはできます。(ナンバー未取得の配達員がいるという)そのような事例は把握しておりません。ナンバー未取得の電動スケーターでの公道走行は違法行為にあたりますので、もしお見かけになられたら、お客様相談室までご連絡いただけましたら幸いです」【※カッコ内は筆者補足】

 とのことで、あくまで原付としてナンバーを取得できていれば何であれ、配達はできる。お客様相談室というより警察だろうが、白ナンを注意した善意の第三者が暴力などのトラブルに巻き込まれたという情報もある。直接は何をされるかわからず危険なので、お客様相談室および警察に粛々と通報するほうが安全だろう。

最近、車に煽られたり、嫌な顔されることが増えた

 森下周辺は風が強くなり、雨が降ってきた。しばらくすると雪になるという。あんな電動キックスケーターで雪の中、滑りやすい路面で事故でも起こさなければいいが ―― 正直、違法車両なので本人のことなどどうでもいい。罪もない誰かを巻き込まないでくれ、それだけ考えてしまう。

「知らないんじゃないですか、何も知らないでやってるんですよ」

 秋葉原、スマホとにらめっこのウーバー配達員に電動キックスケーターの話を向けるとうんざりした様子で答えてくれた。

「法律とか知らないで、なんか簡単にやって金になればいい、それだけなんですよ。外人なんかめちゃくちゃだし、迷惑ですよ」

 コロナ禍、もう1年以上、配達員をやっているという彼の話によると車に煽られたり、露骨に嫌な顔をされることが最近増えたという。周囲の迷惑になる地蔵行為、ガチの犯罪行為である白ナン、そして未登録の電動キックスケーターなど、ごく一部の連中のせいでイメージが悪くなり、まともな配達員が割を食っている。

「あんなの(電動キックスケーター)で配達なんてよくできますよ」

関連キーワード

関連記事

トピックス