芸能

伝説ドラマ「トミーとマツ」で松崎しげるに「放送禁止用語」

今も語り継がれる名コンビ(共同)

今も語り継がれる名コンビ(共同)

 2人の刑事が活躍する「バディもの」ドラマといえば、現代なら『相棒』を思い浮かべるファンが多いだろう。2000年にテレビドラマが始まって、すでにシーズン19まで制作され、劇場版映画も人気を博した。そんな「バディもの」の草分けとして往年のファンには懐かしい名作が『噂の刑事トミーとマツ』ではないだろうか。

 1979年に第1シリーズが始まり、人気に後押しされて1年半、66話まで続いた。さらに1981年には第2シリーズが1年間放映され、トータル106話に及んだ大作だ。トミー役には当時、若手俳優としてアイドル的な人気を誇った国広富之、そしてマツ役に抜擢されたのが、1977年の『愛のメモリー』で歌手としてスターダムに上った松崎しげるだった。

 それまでの刑事ドラマといえば、『太陽にほえろ!』に代表されるシリアスな群像劇が主流で、見せ場といえば刑事の殉職シーンや犯人を改心させる心理描写などだった。それに対してトミーとマツは、2人のコミカルな掛け合いを中心とした明るい作風が特徴で、新しい刑事ドラマの定番を築いた作品だった。『週刊ポスト』(2月8日発売号)では、ドラマ史に残る名コンビに焦点を当てて、「最強のバディ」を探る特集を掲載しているが、同特集でも取材に応じた松崎の「マツの思い出」を詳しく聞いた。

 * * *
 あれは歌手としてノリにノッてた頃で、オファーを受けた時は『噂の刑事』というタイトルだった。だけど、国広君は普段からトミーと呼ばれていて、自分もマツと呼ばれていたから、それをタイトルに入れたら面白いんじゃない、と提案したらそうなったんですよ。僕は歌い手でドラマ経験は少なかったから、逆に自由にそういうことを言えたんでしょうね。

 それまでの刑事ドラマといえばシリアスなものが多かったけど、トミーとマツはアメリカン・テイストのコメディタッチな作品だった。日本では初めての試みだったと思います。まあ、僕にはシリアスなものはできないと思われていたということでしょう(笑)。

 国広君とはそれまで面識がなかったんだけど、第一印象は「紅顔の美少年」だなあ、と。ところがはっきり物を言うタイプでね、いきなり「松崎さん芝居できるんですか?」と言ってくる。失礼な野郎だなあ、と思いましたよ(笑)。だから、実は1話、2話くらいまでは互いに腹にイチモツあって、演技がぎこちない。がっちり噛み合ってコンビになれたのは、その後ですね。

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
【相続の備え】大切なのはコミュニケーション 財産総額・相続人を把握するコツ
【相続の備え】大切なのはコミュニケーション 財産総額・相続人を把握するコツ
マネーポストWEB