芸能

YouTubeを始めて意識変わった小池徹平「新しい挑戦も温めてる」

小池徹平

さまざまな役を演じ分け、俳優として深みを増す小池徹平

 クセの強いキャラクターが数々登場する話題のドラマ『書けないッ!? ~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~』に出演中の小池徹平(35才)。2月14日放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』で自身初の大河ドラマ出演も決定した小池が自身について語る──。

 この日、小池はカメラの前へ立つと大きな瞳を見開いてカメラマンの服装を見つめ、「そのパンツ、ラインがきれいですね。動きやすそうだし、そういうの欲しくなっちゃうな」と、好奇心いっぱいの表情で話しかけ、現場の空気を和ます。

 その笑顔は変わらず若々しい印象だが、実は今年で35才。来年には俳優デビュー20周年を迎える。近年は役者としての幅を広げ、『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)で見せたサイコパスなキャラクターや、不倫夫役などさまざまな役柄を見事に演じ分けている。役者としての成長を問うと舞台での経験が起爆剤となったと語る。

妻との会話がヒントに

「『キレイ -神様と待ち合わせした女-』(2014~2015年)以降にミュージカルが続きジャンルの違う作品に体当たりしながら、演出家さんや共演者の皆さんに刺激されて、お芝居を本気で学びたいと没頭しました。そんな中で2019年には再び『キレイ』からお声がかかり、前回は少年だった役の青年期を演じることに。劇中で少年が大人になるようにぼくにとっても激動の5年だったので、自分の人生と重なるような運命的なものも感じました」

 舞台での活躍によって2017年には「菊田一夫演劇賞」で演劇賞を受賞。2018年に結婚して、父にもなった。

「5年あれば誰しもちょっとした趣味や食生活、仕事に対する姿勢などが変わるものだと思いますが、ぼくもその5年ですべて変わりました。何より家庭ができて父親になったというのが、とても大きかった。その変化が役へも反映されたと思います。

 昔は“この人ならなんとなくこう言うだろうな”と感覚的だったのが、“口では愛していると言うけど本心ではなく、誰かを納得させたい、自分を肯定したいと思うからそう言うんだ”と感情の細かな流れを汲んで説明できるようになった。学んできた積み重ねでもあるし、論理的な妻との会話がヒントになることもあります」

 役者以外でも自ら何かを表現して発信していきたい──。最近はそんな意識も芽生えるようになったと明かす。その大きなきっかけとして、昨秋から始めたYouTubeの活動を挙げた。

「コロナの自粛でお芝居の仕事が休みになって、自分でも何かできないかと考えてチャレンジしたのがYouTubeなんです。路上ライブで弾き語りをしたり、巨大な魚を捌いたり、マネジャーの恋愛相談にのってみたり(笑い)。

 そうしてさまざまな企画をやっていく中でぼく自身も役者とはまた違う面白さを発見して、ラジオのMCという新しいお仕事もいただけた。発信の場が増えることでみなさんとも、お芝居とは違うつながりや可能性が広がるんじゃないかなって。具体的にはまだ秘密ですが、新しいチャレンジも温めているので、ぜひ楽しみにしていてください」

【プロフィール】
小池徹平(こいけ・てっぺい)/1986年1月5日生まれ。大阪府出身。2002年にドラマ『天体観測』(フジテレビ系)で俳優デビュー。数々の映画、舞台、ドラマで活躍し、シンガーソングライターとして歌唱力も高く評価されている。2月26日公開の映画『半径1メートルの君~上を向いて歩こう~』や、4月公演予定の舞台『魔界転生』に出演。

取材・文/渡部美也 撮影/中村功

※女性セブン2021年2月18・25日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
辛口評論家たちは今季の巨人をどう見ているか(阿部慎之助・監督)
江本孟紀氏が語る今季の巨人「阿部監督には派手さがない。それがいい」「もし優勝でもすれば、MVPは1年早く辞めた原前監督だと思いますね」
週刊ポスト
亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン