ライフ

あなたの失言危険度チェックリスト 成功体験への執着と客観性の欠如に注意

自分では大丈夫と思っていても、実は周囲から顰蹙を買っている可能性も…(イラスト/友利琢也)

自分では大丈夫と思っていても、実は周囲から顰蹙を買っている可能性も…

 ネット依存に警鐘を鳴らす『スマホ脳』(新潮新書)が22万部超のベストセラーになっている。しかし我々がそれ以上に毒されてはいけないのが、“森喜朗氏のような言動”に自らを走らせてしまう《森喜(モリキ)脳》だ。自分では「森さんみたいなことは絶対しない」と思っていても、実は周囲から顰蹙を買っていることは多いのである。白い目で見られる程度では済まず、破滅に追い込まれることも──。

 自分も気づかないうちに《モリキ脳》になっているかもしれない──。精神科医・片田珠美氏が監修した以下の失言危険度をジャッジするチェックリストで、当てはまる項目が5個以上の場合は要注意だ。

□他人の経歴や家庭環境を詳しく知りたくなる
□年賀状など折々の挨拶がないのは失礼だと感じてしまう
□「自分の若い頃は……」と部下や家族に話すことが多い
□「あなたのために言っているんだから」と友人や親戚を諭すことがある
□家にいるよりも職場の人間や仲間と話しているほうが居心地がいい
□なじみの店で「いつもの」とオーダーしてしまう
□有名人の考えにすぐに同調してしまう
□責任ある仕事は若手に任せられないと感じることが多い
□店へのクレームで「責任者を出せ!」と言ったことがある
□列に並ぶのが嫌で、スーパーのレジへ小走りをしてしまう

「過去の成功体験にこだわりすぎたり、周囲からどう見えるかという客観的な視点が欠如したりしていることが無神経な発言を生む大きな原因です。チェックリストに当てはまる人は、知らず知らずのうちに“自分本位”となっている傾向が強いといえます」(片田氏)

 老人のコミュニケーション不全を分析した『暴走老人!』の著者・藤原智美氏は、「聞き役に回る意識が大切」とアドバイスする。

「若い部下の立場では、“この人はどういう人で何をやらせようとしているのか”と観察しますが、上司になると周りを見るよりも“とにかく自分の力を見せて相手を従わせる”ほうが楽になり、周囲を観察する力がどんどん衰えていきます。

 集まりなどに出た際は、自分の言いたいことを話すのではなく、とにかく聞き役に回ることを意識する。そうすることで、自分が周囲にどう見られているか、求められていることがわかるようになるので失態を防げるようになります」

 舌禍を招いたことで最終的に辞任に追いこまれてしまった森氏。“本家”の放言・暴言を、あなたは笑っていられるだろうか。

イラスト/友利琢也

※週刊ポスト2021年2月26日・3月5日号

口にしてからではもう遅い可能性も

口にしてからではもう遅い可能性も

関連記事

トピックス

家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
女性セブン
歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
優勝トロフィーを手にしたガクテンソク
【THE SECOND優勝】ガクテンソクが振り返る「マシンガンズさんが自滅しはった」 昨年の“雪辱”を果たせた理由
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン