芸能

ドラマウォッチャー・ナイツ塙が最終回を予想「サイコな2人は誰?」

放送されているほぼすべてのドラマをチェックしているナイツ・塙が注目するドラマは?(撮影/平野哲郎)

放送されているほぼすべてのドラマをチェックしているナイツ・塙が注目するドラマは?(撮影/平野哲郎)

 ファンタジー、コメディー、恋愛、医療モノ、刑事モノなどバラエティーに富んだ良作揃いとなっている今クールのドラマ。演技の勉強のために、放送されているほぼすべてのドラマをチェックしているというナイツの塙宣之(42才)が、結末を見逃せないドラマを大発表する。

 塙がまずあげたのは、近年マンガ原作やリメークが多いなか、オリジナル作品で注目される『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系・日曜21時)だ。正義感あふれる刑事(綾瀬はるか・35才)と猟奇的な殺人鬼(高橋一生・40才)の魂が入れ替わるサスペンスで、今クールのドラマで断トツの視聴率を記録する。

「謎が謎を呼ぶ展開で、先が読めず、すっごく面白いです」(塙・以下同)

 最終回に向けての最大の見どころは、「真犯人」は誰なのか。ネットでも殺人鬼の高橋が実は犯人ではないとの説が強く、犯人探しが盛り上がっている。

「出演者全員が犯人に見えますが、大どんでん返しの予想は、綾瀬さんの相棒刑事役の溝端淳平くん(31才)。仕事のできないダメキャラで押しているけど、実は彼が殺人鬼で、わざとダメキャラを演じていたらメチャメチャ怖い……。サブタイトルの『サイコな2人』とは本当は誰と誰のことなのかも気になります」

 深夜枠ながら、世の女性が「私のことだ」と熱い視線を送るのは『その女、ジルバ』(フジテレビ系・土曜23時40分)。夢も結婚も仕事もあきらめた40才のOL・新(池脇千鶴・39才)が熟女バーで働くことをきっかけに、内面から輝いていく様子が描かれるが、「池脇さんがノーメイクな感じでありのままをさらけ出していてビックリ」と塙も注目している。

 やつれたアラフォーOLを見事に演じる池脇の役作りに加え、脇をがっちり固める熟女女優陣も話題だ。

「彼女の同僚のホステス役の真飛聖さん(44才)は元宝塚で、直接お会いしたこともあるのですが、メチャメチャきれい。でもこのドラマだと本当に工場で働いている女性のように見えるんですよね。熟女好きなぼくは、女性がアンチエイジングすることに大反対。つまり、『アンチ・アンチエイジング』を提唱しているので、絶対に見逃せない」

 ほかのドラマと一線を画すストーリーもお勧めポイント。

「ほかのドラマが若い子に焦点をあてるなか、『ジルバ』は中高年が生きてきた過去に光をあてている。特にいまの日本をつくってきた70~80代の苦労を取り上げるのがすごいですよね。最終回では熟女バーでさまざまな出会いをした新が最終的に誰かと恋に落ちるのか、バーをやめて自立するのかが気になるところ。終盤で物語が2019年まできたので、現在のコロナ禍までつながるのかどうかも注目したい」

 韓国ドラマのリメークである『知ってるワイフ』(フジテレビ系・木曜22時)は、恐妻家の大倉忠義(35才)が過去にタイムスリップして、妻の広瀬アリス(26才)を学生時代のマドンナ・瀧本美織(29才)と入れ替えるファンタジーなラブストーリー。

関連記事

トピックス

テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン