芸能

ドラマウォッチャー・ナイツ塙が最終回を予想「サイコな2人は誰?」

放送されているほぼすべてのドラマをチェックしているナイツ・塙が注目するドラマは?(撮影/平野哲郎)

放送されているほぼすべてのドラマをチェックしているナイツ・塙が注目するドラマは?(撮影/平野哲郎)

 ファンタジー、コメディー、恋愛、医療モノ、刑事モノなどバラエティーに富んだ良作揃いとなっている今クールのドラマ。演技の勉強のために、放送されているほぼすべてのドラマをチェックしているというナイツの塙宣之(42才)が、結末を見逃せないドラマを大発表する。

 塙がまずあげたのは、近年マンガ原作やリメークが多いなか、オリジナル作品で注目される『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系・日曜21時)だ。正義感あふれる刑事(綾瀬はるか・35才)と猟奇的な殺人鬼(高橋一生・40才)の魂が入れ替わるサスペンスで、今クールのドラマで断トツの視聴率を記録する。

「謎が謎を呼ぶ展開で、先が読めず、すっごく面白いです」(塙・以下同)

 最終回に向けての最大の見どころは、「真犯人」は誰なのか。ネットでも殺人鬼の高橋が実は犯人ではないとの説が強く、犯人探しが盛り上がっている。

「出演者全員が犯人に見えますが、大どんでん返しの予想は、綾瀬さんの相棒刑事役の溝端淳平くん(31才)。仕事のできないダメキャラで押しているけど、実は彼が殺人鬼で、わざとダメキャラを演じていたらメチャメチャ怖い……。サブタイトルの『サイコな2人』とは本当は誰と誰のことなのかも気になります」

 深夜枠ながら、世の女性が「私のことだ」と熱い視線を送るのは『その女、ジルバ』(フジテレビ系・土曜23時40分)。夢も結婚も仕事もあきらめた40才のOL・新(池脇千鶴・39才)が熟女バーで働くことをきっかけに、内面から輝いていく様子が描かれるが、「池脇さんがノーメイクな感じでありのままをさらけ出していてビックリ」と塙も注目している。

 やつれたアラフォーOLを見事に演じる池脇の役作りに加え、脇をがっちり固める熟女女優陣も話題だ。

「彼女の同僚のホステス役の真飛聖さん(44才)は元宝塚で、直接お会いしたこともあるのですが、メチャメチャきれい。でもこのドラマだと本当に工場で働いている女性のように見えるんですよね。熟女好きなぼくは、女性がアンチエイジングすることに大反対。つまり、『アンチ・アンチエイジング』を提唱しているので、絶対に見逃せない」

 ほかのドラマと一線を画すストーリーもお勧めポイント。

「ほかのドラマが若い子に焦点をあてるなか、『ジルバ』は中高年が生きてきた過去に光をあてている。特にいまの日本をつくってきた70~80代の苦労を取り上げるのがすごいですよね。最終回では熟女バーでさまざまな出会いをした新が最終的に誰かと恋に落ちるのか、バーをやめて自立するのかが気になるところ。終盤で物語が2019年まできたので、現在のコロナ禍までつながるのかどうかも注目したい」

 韓国ドラマのリメークである『知ってるワイフ』(フジテレビ系・木曜22時)は、恐妻家の大倉忠義(35才)が過去にタイムスリップして、妻の広瀬アリス(26才)を学生時代のマドンナ・瀧本美織(29才)と入れ替えるファンタジーなラブストーリー。

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン