芸能

ドラマウォッチャー・ナイツ塙が最終回を予想「サイコな2人は誰?」

放送されているほぼすべてのドラマをチェックしているナイツ・塙が注目するドラマは?(撮影/平野哲郎)

放送されているほぼすべてのドラマをチェックしているナイツ・塙が注目するドラマは?(撮影/平野哲郎)

 ファンタジー、コメディー、恋愛、医療モノ、刑事モノなどバラエティーに富んだ良作揃いとなっている今クールのドラマ。演技の勉強のために、放送されているほぼすべてのドラマをチェックしているというナイツの塙宣之(42才)が、結末を見逃せないドラマを大発表する。

 塙がまずあげたのは、近年マンガ原作やリメークが多いなか、オリジナル作品で注目される『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系・日曜21時)だ。正義感あふれる刑事(綾瀬はるか・35才)と猟奇的な殺人鬼(高橋一生・40才)の魂が入れ替わるサスペンスで、今クールのドラマで断トツの視聴率を記録する。

「謎が謎を呼ぶ展開で、先が読めず、すっごく面白いです」(塙・以下同)

 最終回に向けての最大の見どころは、「真犯人」は誰なのか。ネットでも殺人鬼の高橋が実は犯人ではないとの説が強く、犯人探しが盛り上がっている。

「出演者全員が犯人に見えますが、大どんでん返しの予想は、綾瀬さんの相棒刑事役の溝端淳平くん(31才)。仕事のできないダメキャラで押しているけど、実は彼が殺人鬼で、わざとダメキャラを演じていたらメチャメチャ怖い……。サブタイトルの『サイコな2人』とは本当は誰と誰のことなのかも気になります」

 深夜枠ながら、世の女性が「私のことだ」と熱い視線を送るのは『その女、ジルバ』(フジテレビ系・土曜23時40分)。夢も結婚も仕事もあきらめた40才のOL・新(池脇千鶴・39才)が熟女バーで働くことをきっかけに、内面から輝いていく様子が描かれるが、「池脇さんがノーメイクな感じでありのままをさらけ出していてビックリ」と塙も注目している。

 やつれたアラフォーOLを見事に演じる池脇の役作りに加え、脇をがっちり固める熟女女優陣も話題だ。

「彼女の同僚のホステス役の真飛聖さん(44才)は元宝塚で、直接お会いしたこともあるのですが、メチャメチャきれい。でもこのドラマだと本当に工場で働いている女性のように見えるんですよね。熟女好きなぼくは、女性がアンチエイジングすることに大反対。つまり、『アンチ・アンチエイジング』を提唱しているので、絶対に見逃せない」

 ほかのドラマと一線を画すストーリーもお勧めポイント。

「ほかのドラマが若い子に焦点をあてるなか、『ジルバ』は中高年が生きてきた過去に光をあてている。特にいまの日本をつくってきた70~80代の苦労を取り上げるのがすごいですよね。最終回では熟女バーでさまざまな出会いをした新が最終的に誰かと恋に落ちるのか、バーをやめて自立するのかが気になるところ。終盤で物語が2019年まできたので、現在のコロナ禍までつながるのかどうかも注目したい」

 韓国ドラマのリメークである『知ってるワイフ』(フジテレビ系・木曜22時)は、恐妻家の大倉忠義(35才)が過去にタイムスリップして、妻の広瀬アリス(26才)を学生時代のマドンナ・瀧本美織(29才)と入れ替えるファンタジーなラブストーリー。

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン