芸能

ドラマウォッチャー・ナイツ塙が最終回を予想「サイコな2人は誰?」

放送されているほぼすべてのドラマをチェックしているナイツ・塙が注目するドラマは?(撮影/平野哲郎)

放送されているほぼすべてのドラマをチェックしているナイツ・塙が注目するドラマは?(撮影/平野哲郎)

 ファンタジー、コメディー、恋愛、医療モノ、刑事モノなどバラエティーに富んだ良作揃いとなっている今クールのドラマ。演技の勉強のために、放送されているほぼすべてのドラマをチェックしているというナイツの塙宣之(42才)が、結末を見逃せないドラマを大発表する。

 塙がまずあげたのは、近年マンガ原作やリメークが多いなか、オリジナル作品で注目される『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系・日曜21時)だ。正義感あふれる刑事(綾瀬はるか・35才)と猟奇的な殺人鬼(高橋一生・40才)の魂が入れ替わるサスペンスで、今クールのドラマで断トツの視聴率を記録する。

「謎が謎を呼ぶ展開で、先が読めず、すっごく面白いです」(塙・以下同)

 最終回に向けての最大の見どころは、「真犯人」は誰なのか。ネットでも殺人鬼の高橋が実は犯人ではないとの説が強く、犯人探しが盛り上がっている。

「出演者全員が犯人に見えますが、大どんでん返しの予想は、綾瀬さんの相棒刑事役の溝端淳平くん(31才)。仕事のできないダメキャラで押しているけど、実は彼が殺人鬼で、わざとダメキャラを演じていたらメチャメチャ怖い……。サブタイトルの『サイコな2人』とは本当は誰と誰のことなのかも気になります」

 深夜枠ながら、世の女性が「私のことだ」と熱い視線を送るのは『その女、ジルバ』(フジテレビ系・土曜23時40分)。夢も結婚も仕事もあきらめた40才のOL・新(池脇千鶴・39才)が熟女バーで働くことをきっかけに、内面から輝いていく様子が描かれるが、「池脇さんがノーメイクな感じでありのままをさらけ出していてビックリ」と塙も注目している。

 やつれたアラフォーOLを見事に演じる池脇の役作りに加え、脇をがっちり固める熟女女優陣も話題だ。

「彼女の同僚のホステス役の真飛聖さん(44才)は元宝塚で、直接お会いしたこともあるのですが、メチャメチャきれい。でもこのドラマだと本当に工場で働いている女性のように見えるんですよね。熟女好きなぼくは、女性がアンチエイジングすることに大反対。つまり、『アンチ・アンチエイジング』を提唱しているので、絶対に見逃せない」

 ほかのドラマと一線を画すストーリーもお勧めポイント。

「ほかのドラマが若い子に焦点をあてるなか、『ジルバ』は中高年が生きてきた過去に光をあてている。特にいまの日本をつくってきた70~80代の苦労を取り上げるのがすごいですよね。最終回では熟女バーでさまざまな出会いをした新が最終的に誰かと恋に落ちるのか、バーをやめて自立するのかが気になるところ。終盤で物語が2019年まできたので、現在のコロナ禍までつながるのかどうかも注目したい」

 韓国ドラマのリメークである『知ってるワイフ』(フジテレビ系・木曜22時)は、恐妻家の大倉忠義(35才)が過去にタイムスリップして、妻の広瀬アリス(26才)を学生時代のマドンナ・瀧本美織(29才)と入れ替えるファンタジーなラブストーリー。

関連記事

トピックス

堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
「昭和の親父」を演じる阿部サダヲと「令和のワーママ」役の仲里依紗(時事通信フォト)
ドラマ『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの“名言”4選「やりすぎ令和」に刺さる「昭和からの教え」
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
MVP受賞を称える夕食会での大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、身につけるものから伝わるこだわりや信念 フォーマルファッション、愛犬の服など“私物のお値段”
週刊ポスト
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン