国内

新型コロナワクチン 効果、作用、副反応…どのメーカーを打つべきか

ワクチンはどこのメーカーを打つべきか(時事通信フォト)

ワクチンはメーカーによってどう違うのか(時事通信フォト)

 供給予定量が届かない、接種スケジュールが不確定など、問題が山積みな新型コロナワクチンだが、いずれは私たちも接種することになる。その前に、知っておかなければならないのは各メーカーのワクチンの性質だろう。安全性や危険性はこんなにも違う──。

 世界を救う救世主として期待される新型コロナウイルスのワクチン。日本に先駆けて接種が始まった国では「異変」が起きている。ワクチンの選別である。ドイツ予防接種常設委員会は、英医薬品メーカー「アストラゼネカ」のワクチンについて、接種対象を65才未満に限定するよう政府に勧告した。同委員会は「高齢者に効果があるとするデータが足りない」と指摘する。

 同様の勧告はフランスやスウェーデンでも行われ、ヨーロッパの約10か国がアストラゼネカ製を65才以上に接種することを避けている。メーカーの“本国”イギリスの国民は、アストラゼネカ製か、アメリカのファイザー社のワクチンを接種することになっている。ただし、自分がどちらを打つのかは選べない。そこである騒動が起きた。

「保健診療所で働くスタッフが、どちらのワクチンを扱うかの“インサイダー情報”を家族や友人にリーク。情報を知った人々が『アストラゼネカ製は嫌だ』として、予防接種の予約をキャンセルする事態が発生しました。

 なかにはファイザー製を接種するために複数の病院で接種の予約をして、リーク情報をもとに接種場所を決める人もいて、『ホスピタル・ホッピング(病院めぐり)』として話題になっています」(在英ジャーナリスト)

 さらにイギリスでは、公共放送BBCの司会者が「アストラゼネカではなくファイザーを打っていいですか。なぜなら有効性がはるかに高いから」と発言して注目された。海外では、たんにいつワクチンを接種するかではなく「どこのワクチンを打つか」こそが関心の的なのだ。

 一方、日本では2月17日より、ファイザー製ワクチンの医療従事者への先行接種がようやく始まった。懸念された健康への影響としては、20日午後5時までに摂取した約5000人のうち2人に、それぞれじんましんと寒気などの副反応と疑われる事例が確認された。5000分の2をどう考えるべきか。国際医療福祉大学病院内科学予防医学センター教授の一石英一郎さんが言う。

「コロナのワクチンは、インフルエンザなどのワクチンに比べて副反応の割合が10倍ほど高い傾向があります。ただし副反応があるということは、体内でワクチンが効果を発揮する際に欠かせない免疫反応が起きている可能性が高い。現時点でこのワクチンがよい、悪いとは簡単にいえません」

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
華々しい復帰を飾った石原さとみ
【俳優活動再開】石原さとみ 大学生から“肌荒れした母親”まで、映画&連ドラ復帰作で見せた“激しい振り幅”
週刊ポスト
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
学歴詐称疑惑が再燃し、苦境に立つ小池百合子・東京都知事(写真左/時事通信フォト)
小池百合子・東京都知事、学歴詐称問題再燃も馬耳東風 国政復帰を念頭に“小池政治塾”2期生を募集し準備に余念なし
週刊ポスト
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
ホワイトのロングドレスで初めて明治神宮を参拝された(4月、東京・渋谷区。写真/JMPA)
宮内庁インスタグラムがもたらす愛子さまと悠仁さまの“分断” 「いいね」の数が人気投票化、女性天皇を巡る議論に影響も
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン