芸能

菅田将暉&有村架純が作る“半径5メートル”の世界が共感呼ぶ理由

興行収入は20億円突破間近(公式ホームページより)

2人の本格的な絡みは今作が初めて(写真/公式ホームページより)

 菅田将暉(28才)と有村架純(28才)がダブル主演を務めた恋愛映画『花束みたいな恋をした』が大ヒット公開中だ。初日から3日間で18万4000人を動員し、興行収入は2億6000万円を超える好スタート。長らく1位の座にあった『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』を押さえ、初登場1位に輝いた。公開から1か月以上経った現在も首位をキープし、累計では動員数167万人、興行収入22億円を突破している。本作がヒットした理由について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。

 * * *
「主演2人の演技が素晴らしい」「共感しかない」など、SNSなどでは共感の声が次々と聞こえてくる映画『花束みたいな恋をした』。多くの観客が自身と登場人物を重ね、映画の世界にのめり込んでいるようだ。実際に鑑賞した筆者も「まさに自分の映画だ」と感じた。

 エンタメ界の中心を走り続ける菅田と有村の主演2人に注目が集まっているのはもちろんだが、本作は座組そのものがとても魅力的。『カルテット』(2017年/TBS系)や『anone』(2018年/日本テレビ系)など人気ドラマのシナリオを手掛けてきた名脚本家・坂元裕二(53才)が新作として書き下ろし、映画『罪の声』(2020年)が高い評価を得た土井裕泰監督(56才)がメガホンを取っている。この2人が組むのは“名作”との呼び声も高い『カルテット』以来のことで、映画では初タッグ。期待しないわけにはいかない座組なのである。

 本作で描かれているのは、一組の男女のごくありふれた恋物語だ。2015年から2019年の東京を主な舞台とし、山音麦(菅田)と八谷絹(有村)という一組のカップルの、“半径5メートル以内の生活”に焦点を当てた5年間が綴られている。2人は興味・関心のあるものがことごとく一致し、すぐに恋人同士に。しかし、いつまでも楽しいときは続かない。時間が経つにつれて両者の「人生観」にズレが生じ、それがすれ違いとして2人の関係にも影響していく。

 主演の2人の脇を彩る俳優陣にも注目して欲しい。出演作が相次ぐ清原果耶(19才)や『町田くんの世界』(2019年)の細田佳央太(19才)、劇団EXILEの佐藤寛太(24才)に、萩原みのり(23才)、古川琴音(24才)など、これからのエンタメ界を背負っていくであろう期待の星たちが多く顔を揃えている。出番の多寡に関係なく、登場する誰もが経験値のある俳優で、彼らの好演もまた本作を魅力的なものにしている。映画ファンから愛されるオダギリジョー(45才)に韓英恵(30才)、森優作(31才)らの出演もアツい。

関連キーワード

関連記事

トピックス