芸能

菅田将暉&有村架純が作る“半径5メートル”の世界が共感呼ぶ理由

 麦と絹を演じる菅田と有村の共演は、2016年公開の『何者』以来5年ぶりのこと。同作は群像劇だったこともあり、2人がガッツリ芝居で絡むのは今作が初めてだ。それにもかかわらず多くの共感の声を集めるほどに2人がリアルなカップル像を体現できているのは、“半径5メートル以内の物語”を描いた坂元による、菅田と有村への“当て書き”の力が大きいだろう。

 当て書きとは、脚本の執筆者がそれぞれの役を誰が演じるのか想定した上で、各キャラクターの設定やセリフを書くというもの。つまり本作の物語は、麦役には菅田将暉を、絹役には有村架純を想定して書かれたものなのだ。リトルモアから出版されている本作のシナリオのあとがきによると、2017年に坂元自身が2人を指名し、そこからこのラブストーリーが生まれていったらしい。

 しかし、当て書きだからといって、それだけで大きな共感を呼ぶようなリアルな芝居ができるわけではもちろんない。菅田と有村の俳優としての経験値があってこそのものだ。時代劇やマンガの実写化作品に至るまで多種多様な作品に参加し、現実離れしたキャラクターも数多く演じてきた2人だが、その一方で、“普通さ”が求められる一般な人々も演じてきた。菅田の近作で言えば、『生きてるだけで、愛。』(2018年)や『浅田家!』(2020年)で演じた青年役が印象に残っている。特に後者で演じた、震災後の東北で写真の洗浄をする若者役は、完全に“その土地の者”のようで、「菅田将暉だと気付かなかった」という観客の声もあったほど。有村もまた、菅田と近いキャリアの重ね方をしている俳優だと思う。

 土井監督は2人の魅力について「彼らは若手俳優の中でもトップランカーですよね。それでいて、誰ものごく身近なところにいそうな気がする。観客がそういう感覚を持ち続けられているということが、いまの時代のある種のスターなのだと思います。彼らが表現したものが、その時代を体現しているのかなと」と語っている。この2人が作り上げる“どこにでもいそうなカップル像”がリアリティを生み出し、多くの共感を呼んでいるのだろう。

 また本作には、劇中に描かれる時代を象徴するさまざまなカルチャーの固有名詞が登場する。それは例えば、「今村夏子」や「SMAP」、「きのこ帝国」などだ。いずれも、麦や絹と近い世代の人々の多くが触れてきたものだろう。これらが飛び交うことが物語に強固なリアリティを与え、観る者に「自分の映画だ」と思わせる所以でもある。これらに自然と溶け込む菅田と有村の姿が、観る者に強い共感を与え、本作のヒットにつながったのだろう。

【折田侑駿】
文筆家。1990年生まれ。映画や演劇、俳優、文学、服飾、酒場など幅広くカバーし、映画の劇場パンフレットに多数寄稿のほか、映画トーク番組「活弁シネマ倶楽部」ではMCを務めている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン