芸能

Koki,が中国有名番組に出演 本格的海外進出を支える静香ママの手腕

Koki,

躍進を続けるKoki,

 ブルガリにシャネルのアンバサダー、ファッション誌の表紙を飾り、人気商品のイメージキャラクターを務める。2018年に15才でモデルデビューしたKoki,が、躍進している。その裏で手腕を振るっているのは──。

 オーディション番組の収録中、司会者の男性がひと呼吸おいてゆっくりと話し始める。

「審査員として、今日は特別なゲストを招いています」

 司会者が女性の名を発表すると、オーディション参加者たちは大興奮。立ち上がって手を叩く者、隣の人と抱き合う者、会場は一気に熱を帯びていく。大歓声の中で会場内の大型ビジョンに映し出されたのは、木村拓哉(48才)と工藤静香(50才)の次女・Koki,(18才)だった。

 これは3月3日に配信された、中国の動画配信サービス『WeTV』が提供する番組、『創造営2021』でのひとコマだ。リモート出演したKoki,は、にこやかに「大家好! 我是光希!(皆さんこんにちは! Koki,です!)」と流暢な中国語で挨拶し、続けて日本語で「このたびはこの番組に参加させていただき本当に光栄に思います。皆さんのステージでのパフォーマンスをすごく楽しみにしているので頑張ってください、応援しています」とエールを送った。

「『創造営2021』は、配信からわずか20時間で再生数が6000万回を超えるほどの人気で、いま中国で最も注目されているオーディション番組です。過去、日本の芸能人が審査員として出演したことはありませんでした」(中国メディア関係者)

 オーディション参加者の反応や日本人初という事実から、Koki,の中国での人気ぶりが伝わってくる。その背景には、少なからず木村の存在が影響しているという。

「2011年に北京でライブを行ったこともあるSMAPは、いまでも中国で大人気なんです。特に木村さん人気は根強く、中国版ツイッターのウェイボーのフォロワーは257万人を超えています。昨年6月には、中国で最も影響力のある俳優賞(アジア太平洋部門)を受賞しています」(前出・中国メディア関係者)

 木村の娘ということもあって、2018年にKoki,がモデルとしてデビューすると、中国企業からのオファーが殺到したという。

「デビュー直後から、Koki,さんをイメージガールに起用したいと、多くの中国企業が手を挙げました。それも、通常であれば新人モデルのCM出演料は150万円ほどなのに、Koki,さんに対しては破格の1000万円超えのオファーを出した企業もあったようです」(広告代理店関係者)

 いまや中国の都市部を歩けば、Koki,が微笑んでいる広告を見かけることも珍しくはない。

「かつては『親の七光り』なんていう声も聞こえましたが、いまは消えています。ショーやイベントに呼ばれれば、流暢な英語で受け答えする。2019年には中国で俳優や歌手として人気のクリス・ウーのミュージックビデオにも出演し、高い演技力を披露しています。中国での活動に重きを置いている姿勢や、努力する姿が中国のファンの心を掴んでいるんです」(前出・中国メディア関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン