• TOP
  • 芸能
  • 花田優一が語る歌手活動の手応えと「俳優転身」の真相

芸能

2021.03.16 16:00  NEWSポストセブン

花田優一が語る歌手活動の手応えと「俳優転身」の真相

キャップを逆さにかぶり、サングラスを着用したラフなスタイルで仕事をしている花田優一氏

キャップを逆さにかぶり、サングラスを着用したラフなスタイルで取材に応じた花田優一氏

「息子は完全に勘当しておりますので──」。そう言って息子・花田優一氏との絶縁を宣言した元貴乃花親方の貴乃花光司氏。父と子はそれぞれ週刊誌上で自身の主張を訴えたが、言い分は平行線をたどっている。

 優一氏は今何を思っているのか。靴職人として活動する工房を訪ねると、家族の話から歌手活動、「俳優転身」説の真相まで語った。

* * *

「圧倒的な存在である父は、小さい頃から軽々しく会話ができる相手ではありませんでした。父の人生の話を聞いたり、生きざまを背中で教えてもらったりするという関係で、師匠と弟子に近い雰囲気がありました。父自身も15歳で相撲の道に入ってからは、師匠(=初代貴乃花)との間で親子の関係を絶っている。ごく普通の親子関係というものを、知らないと思います」(優一氏、以下同)

 現在、優一氏は父の連絡先さえ知らないという。一方、母・花田景子氏とは比較的まめに連絡を取っているとのこと。景子氏は、映画監督でエステサロン経営者のジャッキー・ウー氏と再婚予定であると報じられている。ジャッキー氏の印象はどうだったのか。

「ジャッキーさんとはもちろん会ってはいますが、僕や妹たちは別に深い付き合いはない。母親の新しい交際相手にはリスペクトもしつつ、それなりの距離感をもってお付き合いするものじゃないですか。母が笑顔ならいいんじゃないって、それだけですね」

 歌手活動についても尋ねた。優一氏は昨年9月、シングル曲『純青』の配信を開始し、歌手デビュー。ブログでは「来年は絶対に紅白に出る」と宣言した。

「どれを聞いてもちゃんとトップチャートに登れるもの、登っていいものができたと思っています。世の中に出してまったく恥ずかしくない出来栄えですし、満足いくものができました」

 もともと、歌うことが好きだったという。

関連記事

トピックス