スポーツ

仙台育英主将が明かす センバツ「選手宣誓」の言葉はこう考えた

選手宣誓の言葉は(写真/共同通信社)

開会式のリハーサルに臨む島貫主将(写真/共同通信社)

 3月19日に開幕する第93回選抜高校野球大会の開会式は、新型コロナウイルスの感染予防として、初日に登場する神戸国際大附(兵庫)、北海(北海道)、明徳義塾(高知)、仙台育英(宮城)、健大高崎(群馬)、下関国際(山口)の6校だけが参加する。その中で、選手宣誓を務めるのは仙台育英の島貫丞(じょう)主将だ。異例の開会式で大役を担う島貫主将は、どうやって原稿を練り上げたのか。ノンフィクションライター・柳川悠二氏がレポートする。

 * * *

 例年、組み合わせ抽選は選抜開幕の1週間前に行われる。しかし、史上初のオンライン開催となった今回は、開幕の1か月近く前の2月23日に行われたことで、宣誓文を考える時間は十分にあった。対外試合が解禁された3月6日の段階で、ほぼできあがっていたという。仙台育英の須江航監督が明かす。
 
「まずは全体のミーティングで、宣誓文にどんなフレーズ、ワードが欲しいか、島貫と共に部員たちにヒアリングしました。その後、私の方から島貫に対して、『去年、コロナによって甲子園大会がなくなったことはどう思っている?』とか、『今年は東日本大震災から10年という節目の年になる。時の流れの速さをあなたはどう考えている?』などと質問しましたね。また、コロナにまつわる政治の記事、医療従事者の記事などを渡して感想を求め、宣誓文に込めたい想いを書き出させました」

 10年前の3月11日、当時、仙台育英の系列である秀光中学の野球部を指揮していた須江監督も仙台で被災し、1か月近く風呂に入ることもできないまま復興に向けて駆け回り、実家が遠方の生徒を自宅まで送り届けるなどしていた。そんな時期に耳にしたのが、第83回選抜の開会式における創志学園(岡山)・野山慎介主将(当時)のあの選手宣誓だった。

《人は、仲間に支えられることで大きな困難を乗り越えることができると信じています。私たちに今、できること。それはこの大会を、精いっぱい元気を出して戦うことです。「がんばろう! 日本」。生かされている命に感謝し、全身全霊で、正々堂々とプレーすることを誓います》(一部抜粋)

 須江監督が続ける。

「あの選手宣誓は私の心にも残っているし、島貫にも高校野球の先輩の宣誓文から10年という時の流れを感じ取って欲しかった」

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン