ライフ

「いい子」は、ほめ言葉にあらず 子供に言ってはいけないNGワード

aa

“いい子”という言葉をつい多用しがちだが…

 コロナ禍でストレスが多いこのご時世。大人はもちろん、子供たちも自由に遊ぶことができず。鬱憤をためている。そんななか、思わず強い言葉で子供を叱りつけてしまう親もいるだろう。しかし、そういった言葉が子供を傷つけてしまうのだ。

 そこで、ついつい子供に言ってしまいがちな“不機嫌ワード”をどう変換すいればいいのか、具体例を紹介する。

参考資料/大場美鈴 著『楽々かあさんの伝わる! 声かけ変換』(あさ出版)

絶対NG! 呪いの声かけ

【よその子との比較は絶対にしないこと!】
Before「〇〇ちゃんは成績がよくてすごいわね。うちの子なんて……」

After「〇〇ちゃんは勉強が楽しいのね」

 相手の子をほめつつ、「うちの子なんて」と卑下する"忖度会話"を大人はしがちだが、親は謙遜のつもりでも、それを聞いた子供は落ち込んでしまう。『楽々かあさんの伝わる! 声かけ変換』の著者で“うちの子専門家”の大場美鈴が説明する。

「上手下手といった能力の比較ではなく、好き・楽しいなどの気持ちに目を向けた言い方へ変換するのがおすすめです」(大場さん・以下同)。

【「いい子」はほめ言葉にあらず!】
Before「お手伝いしてくれて、いい子ね」

After「お手伝いしてくれて、ありがとう」

「いい子とは、“親にとって都合のいい子供”という意味。多用すると子供は、“親の言うことを聞くいい子でなければ愛してもらえない”と、自分の心を殺して頑張りすぎてしまいます。それよりも、取った行動に対して感謝し、失敗しても大丈夫、愛しているという姿勢を伝えましょう」

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン