• TOP
  • 芸能
  • 霜降り明星、次世代のダウンタウンやナイナイになるための条件

芸能

2021.03.21 16:00  NEWSポストセブン

霜降り明星、次世代のダウンタウンやナイナイになるための条件

待たれる「代表作」(時事通信フォト)

待たれる「代表作」(時事通信フォト)

 もはや一時のブレイクではない。「M-1グランプリ2018」優勝を果たしてから2年が経ち、お笑いコンビ・霜降り明星のメディア露出はやや落ち着くどころか、ますます絶好調だ。

 すでに『霜降りバラエティ』や『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』(ともにテレビ朝日)、『霜降りミキXIT』に『クイズ!THE違和感』(ともにTBS)などレギュラー番組を複数抱える同コンビだが、4月からは『オトラクション』(TBS)、『新しいカギ』(フジテレビ)のふたつの新番組もスタートする予定だ。

 ミュージシャン・西川貴教とともにMCを務める『オトラクション』(毎週火曜19時〜)は、「音」をテーマにしたデジタル・アトラクションにチームで挑む「子どもから大人まで家族で楽しめる音感バラエティ」とのこと。

 一方の『新しいカギ』(毎週金曜20時〜)は、チョコレートプラネット、霜降り明星、ハナコによる「コント中心の総合お笑いバラエティ番組」。フジテレビの伝統とも言えるゴールデンタイムのコント番組ということで、『新しいカギ』が令和の『笑う犬の冒険』や『はねるのトびら』となるか、期待がかけられている。

 さらに4月からは、2019年4月よりパーソナリティを担当してきた『霜降り明星のオールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)もめでたく1部に昇格した。これまで27時からの放送だったのが、25時からの放送となり、さらにリスナーは増えそうだ。

 公式You Tubeチャンネル『しもふりチューブ』も絶好調で、3月18日時点、チャンネル登録者数は128万人に達している。これだけ多忙なスケジュールをこなしながら毎日更新を続けているだけでも驚きだ。

関連記事

トピックス