国内

羽生善治が語る将棋の美しさ「藤井二冠に憧れる若者の台頭が楽しみ」

九段

タイトル名付きで呼ばれることが多い羽生九段

 2020年度の将棋界は、記録4部門(対局数、勝数、勝率、連勝)のうち勝数と勝率の2部門を藤井聡太二冠(18)が制する結果となった(44勝、勝率0.846)。史上初めての4年連続勝率8割超え、そして羽生善治九段(50)以来2人目となる4年連続勝率1位という偉業である。

 その熱気冷めやらぬまま、3月27日からは将棋の早指し王を決定する番組『第4回ABEMAトーナメント』が幕を開けた。同番組でチームリーダーを務める羽生九段が、“藤井フィーバー”以降の将棋界について語った。(取材・文/輔老 心)

 * * *
“羽生九段”という呼び方に、世間はようやく慣れてきた。

 これまで99度にわたりタイトルを戴冠してきた羽生善治は、羽生名人、羽生竜王など、ずっとタイトル名付きで呼ばれてきた。あまりに強すぎて、一時は「羽生と一度も対戦せずに引退する棋士が何十人といる」と言われたほどだ。挑戦者になる以外、対戦できない。常に戴冠しているので予選には出てこない──。

 藤井聡太二冠(王位・棋聖)の登場でブームに湧く昨今の将棋界。藤井フィーバー以前に一般マスコミを巻き込んで起こった将棋の“ビッグブーム”は、羽生九段が「七冠同時制覇」を果たしたときだった。

 その張本人は、現代の若い棋士の勢いをどう感じているのだろう。羽生は藤井聡太二冠と、永瀬拓矢王座の将棋の魅力をこう語る。

「藤井二冠の将棋は、恐ろしくシャープ。切れ味が鋭いところが魅力です。永瀬王座はかなりのオールラウンダーでどんな将棋でも指せる。あとは非常に腰が重くて負けづらい将棋ですね。お二方とも、簡単には土俵を割らない強さがあります。あっさり負けることがないのが、第一戦で活躍している強さかなと思います」

 中学3年生でプロ棋士としてデビューし、10代も、20代も、30代も、40代も、ずっとトップで戦ってきた羽生。彼が指してきた将棋が、将棋の最先端を作ってきたことは間違いない。その偉業で2018年には国民栄誉賞も受賞した。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン