ライフ

絵本コーディネーター東條知美さんが選ぶ「大人が泣く絵本」10冊

aa

子育て期の母親に優しく寄り添う

 いま、大人が心を揺さぶられる絵本が増えている。室井滋さんが文を、長谷川義史さんが絵を描いた絵本『会いたくて会いたくて』は、「大人が泣く絵本」として話題に。現代人が忘れがちなことを思い出させてくれ、思わず泣いた、といった感想も多いという。心が荒みがちな昨今、絵本を読んで気持ちを清らかにしませんか。絵本コーディネーターの東條知美さんが、「大人が泣く絵本」を10冊選んだ。

『あなたのことが だいすき』
えがしらみちこ・文と絵 西原理恵子・原案 (角川書店)

 原案は、西原理恵子さん。乳幼児の子育てに奔走する母親が、余裕のない日々、子への愛おしさや葛藤の間で揺れ動く様子が柔らかい絵で綴られる。

「現役の母にとってはお守りのような本であり、子育て期を通りすぎた母にとっては、かつての自分を思い起こし、胸に迫ります。多くの母にとって“私の絵本”だと思える一冊です」(東條さん・以下同)

『あおいアヒル』
リリア・作 前田まゆみ・訳 (主婦の友社)

ああ

親の介護に直面する前に読みたい

 母と息子の親子愛を描いた一冊。主人公のワニはアヒルに拾われて慈しみ育てられ、成長する。だが、老いたアヒルは、徐々に息子のことも忘れ、徘徊を始める。

「介護で苦しんでいる人にとっては残酷に映るかもしれません。ですが、私たちの多くはかつて愛され大事に育てられた記憶がある。美しい記憶を守りたい、こうあってほしいと願う世界が描かれています」

『ぶたばあちゃん』
マーガレット・ワイルド・作 ロン・ブルックス・絵 今村葦子・訳 (あすなろ書房)

ああ

大切な人をどう看取るかを教えてくれる

 ずっと2人で暮らしてきた孫娘と祖母。ある日、祖母は自分の命が間もなく尽きることを悟り、死に支度を始める。

「最後の日々をどう家族と過ごすか、何をどう大切な人間に伝えていくかを、静かに美しく描いた絵本。この本を読んで、祖母の死で残されたものは悲しみだけではない、祖母の教えは私の中で残されているんだと気づかせてもらえました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
鮎川さんと陽子さん。談笑するふたり(2022年5月撮影)
「シーナ&ザ・ロケッツ」鮎川誠さん、最後のバースデーライブで見せていた元パリコレモデル娘との“ひととき”
NEWSポストセブン
頻繁な社長交代が経営にどう影響するか(フジテレビ本社)
《速報》伝説の番組『オールナイトフジ』が4月から32年ぶり復活へ 司会に内定した「売れっ子芸人」の名前
NEWSポストセブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン