芸能

キンプリ岩橋玄樹、ジャニーズ退所 「新たな道」への第一歩

ファンからは心配する声が上がっていた

ファンからは心配する声が上がっていた

 ニューヨーク・ヤンキースのキャップに黄色のパーカー、クリスチャン・ディオールのバッグを斜めにかけて、都内の住宅街を歩くのはKing & Prince(以下キンプリ)の岩橋玄樹(24才)。これは昨年の12月中旬の様子だ。ややうつむき加減ながら、岩橋の足取りは軽く、療養生活は順調のように思えた。しかし──ファンにとっては「悪い予感が的中した」という気持ちだったかもしれない。2018年11月からパニック障害の療養のため活動を休止していた岩橋が、3月末を持ってキンプリからの脱退、ジャニーズ事務所を退所することを発表した。

「岩橋くんに関する情報がほとんど更新されなかったので、ファンの間でも“復帰はもうすぐか”という前向きな声と“やはり病状が重く復帰は厳しいのか”という心配の声とで割れていました。今回の決断は残念ですが、岩橋くん本人の選択なので、私たちは尊重するしかありません」(キンプリファンの一人)

 ジャニーズ事務所によれば、岩橋はパニック障害が完治しておらず、克服する難しさを実感。いつ復帰できるかを約束できないため、ファンやメンバーをいつまでも待たせることができないと考え、今回の決断に至ったという。

 約2年5か月もの間、療養していた岩橋。やはりファンが心配するのは彼の病状だろう。冒頭の姿は昨年末のものだが、自ら高級車を運転して移動し、スマホを見ながらウォーキングするなど、徐々に回復しているようにも見えた。

 キンプリが表紙を務めた女性ファッション誌『ViVi』(講談社・2021年4月号)で、メンバーの高橋海人(21才)は、最近の岩橋について、〈優しい笑顔は同じだけれど、以前よりもルックスが男らしくなったと思う〉とその変化を語っていた。

 この時の岩橋はマスクで口元は見えないものの、目元は確かに凛々しく、男らしく見えた。

 岩橋は退所について、こうコメントを発表している。

〈僕は2018 年から、小さいころから患っていたパニック障害を治療するために、入院をして、自分なりに頑張ってなんとか回復させて、また皆さんの前にたてるよう、またメンバーと一緒の時間を過ごせるよう、これまで病気と向き合ってきました。でも、現在も僕の病気は完全には治っていません。僕の症状には波があり、ひどく症状が出てしまう時と、おさまっている時があります。そんな自分の状態をうまく説明できなくて、なかなか周囲の方に理解してもらえない時もありました。そして、休養をしてから2年以上が経過してしまい、いつもそばで見守ってくれたメンバーや、ずっと応援してくれているファンの皆さんに対して、はっきりとした報告もできないまま、この先もこれ以上待たせてしまう事が、本当につらく感じてしまいました。そのような気持ちを抱えて過ごす中で、色々な葛藤がありましたが、とても勝手かもしれませんが、自分のなかでの一つのけじめとして、2021年3月31日をもちましてKing&Princeからの脱退と、ジャニーズ事務所を退所させていただく事になりました〉

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン