• TOP
  • ライフ
  • 正しい家庭での脱毛 絶対にやってはいけないセルフケアは「抜く」

ライフ

2021.03.30 07:00  女性セブン

正しい家庭での脱毛 絶対にやってはいけないセルフケアは「抜く」

aa

やってはいけない意外な脱毛とは?(写真/GettyImages)

 気温が高くなり、肌を露出する機会が増加。ムダ毛処理をしたいと考える人も多いだろう。本当なら、病院での医療脱毛や、エステサロンなどでの脱毛をしたほうがいいが、「費用が高くて難しい」「そもそも近くにない」などの理由で、セルフケアを選ばざるを得ない人もいるはず。では、自宅でケアをするならば、一体どうすればいいのだろうか?

 女性セブンの読者を対象に行なった脱毛に関するアンケート(※全国の20~80代の男女1880人が回答、実施期間2021年3月3~9日)によると、によると、約60%の読者がセルフケアで脱毛をしており、その手段としては、1位かみそり、2位毛抜き、3位シェーバー、4位家庭用美容器、5位除毛クリームの順に多かった。

 美容ジャーナリストの小坂恵さんはこう話す。

「この中で最も肌を傷めずに脱毛ケアできるのは、家庭用美容器です。定期的なケアは必要になりますが、活用すれば数か月で毛が目立たなくなります」(小坂さん・以下同)

 一方、絶対におすすめできないのが毛抜きだ。抜くくらいなら、かみそりで処理をした方がまだ肌への負担が少ないという。

「いずれにせよ、セルフケア最大の肝は、脱毛後の保湿です。肌が過敏になっているので、油分でコートし、守ってあげましょう」

 また、脱毛前後の日焼けも厳禁。肌に色素沈着が現れることもあるという。脱毛後の肌は大けがをしていると思って、いたわった方がよい。

関連記事

トピックス