ライフ

早起きは三文の徳じゃない?危険な“ブラックタイム”をやり過ごす方法

早起きのリスクを最小限にする方法とは?(イメージ)

早起きのリスクを最小限にする方法とは?(イメージ)

 朝6時前に起床して、仕事の準備やジョギングなど各々の時間を過ごしている人は多いだろう。日本人にとって当たり前の習慣である“早起き”だが、それが健康を損ねるリスクを孕んでいるというのだ。実際、英オックスフォード大学は、「朝6時以前に起きる人は、朝7時以降に起きる人に比べて心筋梗塞や脳卒中など循環器疾患の発症リスクが最大40%高まる」との調査結果を発表している。

 だが、早起きが健康を妨げると言われても、どうしても朝に目が覚めてしまうことはある。仕事などのために6時前に起きなければいけない日もあるだろう。では、リスクを最小限にするにはどうすればいいのか。

『「正しい時間の使い方」が、あなたの健康をすべて左右する』(東洋経済新報社刊)の著者で、石黒クリニック院長の石黒源之医師は「目が覚めてすぐに布団から起き上がるのは避けましょう」と語る。

「私は生体リズムなどに基づいて、生命にとって危険な時間帯を“ブラックタイム”と命名しています。まさに早朝6時頃はさまざまな病気が起こりやすい“ブラックタイム”なのです。

“モーニングサージ”と呼ばれる急激な血圧上昇を避けるためには、目が覚めてもすぐにベッドから起き上がらず、10分程度は布団の中でそのまま横になっていること。それがブラックタイムをやり過ごす大切な方法です」

 その上で、睡眠の質と量を高める工夫を心がけたい。睡眠・認知症予防プログラム中部大学推進センター特任教授の宮崎総一郎医師がいう。

「午前中から積極的に活動すると、自然と夜9時、10時と寝入る時間が早まり、明け方に目が覚める悪循環となってしまう。午前中はウォーミングアップと考え、活動のピークを午後から夕方に持ってくるといいでしょう。

 高齢になると膀胱が収縮していくため、夜中や早朝に尿意で目覚めてしまうことが多い。その対策として、たとえば夜9時までに水分補給を済ませ、3時間後の夜12時に寝るという習慣を付ければ“トイレ起き”のリスクを低減できます」

関連記事

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト