国内

判決に「よっしゃ!」と叫ぶアポ電強盗犯 分断された社会の裏側

刑務所で地道な労働を学ぶのだが……(イメージ、法務省提供、時事通信フォト)

刑務所で地道な労働を学ぶのだが……(イメージ、法務省提供、時事通信フォト)

 法を犯して刑罰を受けた者が入る刑務所とは、刑を執行するという役割以外にも、改善と更生を行う場所でもある。更生の機能を果たしているのか、という問題は以前より指摘されてきたが、少なくともかつては、裁判で刑を言い渡されるときくらい本人は後悔と更生の意思を見せるのが普通だった。ところが、最近では様子が変わってきている。ライターの森鷹久氏が、特殊詐欺やアポ電強盗に手を染める若者たちの変質についてレポートする。

 * * *
 3月9日、ある事件の判決がくだされた。このとき、被告人がとった予想外の態度が新聞各紙などで報じられ、波紋を呼んだ。大手紙の司法記者が説明する。

「検察の求刑は無期懲役でしたが、判決は3人の被告にそれぞれ27~28年の懲役を言い渡すものでした。判決を聞くや否や、被告のうち一人が『よっしゃ!』と声を上げました。ご遺族だっていたかもしれないのに、あまりの不遜な態度に、傍聴人も裁判官も呆れ返っていました」(大手紙司法記者)

 彼らが裁かれたのは2019年2月に発生した、いわゆるアポ電強盗事件の実行犯としてだ。東京都江東区に住む80才の女性宅に強盗目的で押し入り、女性を死亡させたとして強盗致死罪に問われた。事前にターゲットの資産状況などを確認した上で強盗に入る「アポ電強盗」で初めて死者が出た事件として、事件発生当時はメディアも大きく取り上げた。

 検察の求刑通り「無期懲役」の判決が下されるという見方は「強くなかった」(大手紙司法記者)というが、27~28年という長期だが有期刑判決が下ったことに、被告が「よっしゃ!」の声を上げたのかと思うと、やるせなさしか残らない。

「被告らは3人組で犯行に及び、裁判の争点は殺意があったかどうかに絞られていました。検察側は、被害者の首を締め窒息死させ明確な殺意があったと主張、被告側は被害者の手足を縛ったが、口に貼った粘着テープは呼吸できるようずらして貼ったと、殺意を否定しました」(前出の大手紙司法記者)

 筆者はこの被告ら3人を含め、アポ電強盗や特殊詐欺に関わった人々の取材を重ねてきた。大抵の被告は「反省するもの」だと思い込んでいたのだが、この2~3年で明らかに変化したことがあると感じている。それは、犯行側に覚悟も決意もなく「逮捕されても儲けた方が得」と考え、極めて安易に犯行に及ぶ事例が増えていることだ。前述の、判決で求刑より軽くなったことを喜び「よっしゃ!」と叫ぶような人間が、珍しくなくなっているのだ。

「逮捕されても、被害者への謝罪どころか、刑期はどれくらいか、どうすれば罪が軽くなるか、そんな話ばかり。昔は更生したい、まともに働きたいという涙を流す人間がある程度いたのですが」

 こう証言するのは、自身もかつて特殊詐欺グループに参画し、検挙された経験を持つ会社経営者の吉野治樹氏(仮名・40代)。広域指定暴力団の組員だったこともあり、知り合いづてで、詐欺で逮捕された若者の社会復帰支援を行っているが、接見に行っても、また懲役を終えて出てきても、反省の態度を示す人間がほとんどいなくなってしまったという。

「なぜ犯行に至ったかを聞いても、仕事がなかった、金がなかったとは言いますが、それほど追い込まれている様子ではない。若い奴は実家暮らしで飯も布団もあるし、選ばなければあるはずの仕事も『だるい』とか『きつい』とかでやらない。根っからの犯罪者という人間はいないはずなのですが、最近は本当にそういう人がいるのではと思うほどです」(吉野氏)

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト