芸能

吉瀬美智子セレブ離婚の背景 義母の葬儀も行かず…夫婦にできた溝

結婚生活は10年でピリオド

結婚生活は10年でピリオド

 4月7日、吉瀬美智子(46才)が自身のTwitterなどを通じ、離婚を公表した。「話し合った結果、今後は別々の道を歩んでいく結論に至りました」と端的に説明しただけで離婚の理由などは一切触れられず。誰もが羨むセレブ婚だっただけに「何があったのか?」という声が飛び交っているが、昨年から夫婦間の不協和音は響いていた。

 吉瀬が10才年上の実業家の男性・Aさんと結婚したのは2010年のことだった。

「5年の交際を経てゴールインしたAさんは、飲食業や美容業を手広く手がけ、年商20億円とも30億円とも言われていました。“愛の巣”は都内の高級タワーマンションで、2013年と2016年には娘さんも生まれました。長女が生まれた翌年には、同じマンションの高層階に引っ越すなど、誰もが羨むセレブ生活をしていました」(吉瀬の知人)

 吉瀬のSNSには、仲睦まじい親子の姿がわかる写真がたびたびアップされていた。吉瀬の仕事が立て込めば、Aさんが育児をするなど、家庭内での仕事も分担できていたという。

「ドラマの撮影が始まれば、吉瀬さんは台本の読み込みや役作りなどで育児にかかわる時間が限られてしまいます。その時はAさんが娘さんの学校の送り迎えをしたり、シッターと協力して育児をしていました。吉瀬さんは仕事と家庭が両立できているのは“旦那さんのおかげ”と常々口にしていたし、メディアのインタビューでもそう答えていました」(芸能関係者)

 一見、順風満帆なように見えた家族関係。一方で、Aさんの事業は風向きが変わり始めていた。

「一昨年の冬頃に、100%株を持っていた飲食の会社が買収され、さらに昨年夏には経営に関わっていた美容院も手放しています。事業は縮小したといっていいでしょう。本人は前向きですが、イケイケ経営者だったかつての勢いは感じられません。

 昨年の6月頃かな、Aさんのお母さんが亡くなったのですが、吉瀬さんは葬儀を欠席し、Aさんと娘さんだけで参列したそうです。新型コロナの影響で遅れていたドラマの撮影を優先させたためだそうですが、今考えれば、この頃はすでに夫婦関係がかなり悪化していた可能性がありますね」(Aさんの知人)

 離婚発表3日後の4月10日、吉瀬は自身のインスタグラムに「ばぁばと一緒に」とのコメントとともに、食卓の写真をアップした。「ばぁば」とは、吉瀬の母親を指すのだろう。吉瀬の母親はいまから2年ほど前に、地元の福岡から上京しているという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた
泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす
女性セブン
原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も
週刊ポスト
茂木敏充・幹事長の対応が原因?(時事通信フォト)
「言ったよね?」茂木敏充・自民党幹事長に激昂された党職員、その日を境に職務を外され異動
週刊ポスト
2008年に退任した岡田氏が、再び阪神の監督に就任すると報じられた(時事通信フォト)
岡田彰布氏が阪神の新監督へ 球団首脳が一致と報じられた「平田勝男二軍監督の昇格案」はいかに消えたのか
NEWSポストセブン
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
ファンは勝利を望んでいる(時事通信フォト)
2年連続シーズン負け越しの巨人 原辰徳監督と坂本勇人に「責任を取るべき」の指摘が
NEWSポストセブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン