ライフ

4月15日は「からあげクン誕生日」 コンビニ初の記念日を制定

4月15日はからあげクンの誕生日(写真は唐揚げイメージ)

4月15日はからあげクンの誕生日(写真は唐揚げイメージ)

 毎日、巷では何らかのイベントが開催され、そして毎日が何らかの記念日に制定されている。暖かくなってきたこの春の季節には、どんな記念日があるのだろうか。4月15日から21日までの記念日を紹介する。

◆4月15日 からあげクン誕生日

 1986年のこの日に発売されたローソンの看板商品『からあげクン』は、唐揚げをひと口サイズにしたことで一躍人気に。発売35周年を迎える今年、コンビニエンスストア初の記念日を制定した。全国の店舗では、記念日に合わせて同商品の各種1個増量キャンペーンを5月5日まで実施予定。

◆4月16日 えのすいの日

4月中は「おひとりさま水族館」や「ダークアクアリウム」と題して、閉館後の水族館でゆっくり静かに楽しめる企画も実施(応募期間終了)

4月中は「おひとりさま水族館」や「ダークアクアリウム」と題して、閉館後の水族館でゆっくり静かに楽しめる企画も実施(応募期間終了)

 日本初の近代的水族館として1954年に開業した「江の島水族館」。2004年のこの日に「新江ノ島水族館」としてグランドオープンしたことを記念して、2017年に「えのすいの日」と定められた。同館では例年、記念日を“つながる命に感謝する日”として、入場者へのプレゼントやさまざまな館内イベントを行っている。

「今年は、初の公式キャラクター『あわたん』がデビューします。サンリオの人気キャラクター『シナモロール』とコラボして館内の装飾に登場したり、スタンプラリーやフォトスポットで皆さまをお迎えします」(広報・山崎秀之さん)

「あわたん」と「シナモロール」は「2021年サンリオキャラクター大賞」のコラボ部門入賞を目指す

「あわたん」と「シナモロール」は「2021年サンリオキャラクター大賞」のコラボ部門入賞を目指す

 定期的に内容が変わるテーマ水槽では、「ステイホーム」「オンライン飲み会」など新型コロナウイルス感染防止対策のキーワードを表現した「生き物たちもソーシャルディスタンシング」が4月28日まで公開中。いまならではのユニークな展示も必見だ。

◆4月16日 エスプレッソの日

 エスプレッソマシンが初めて登場したのは、1906年開催のミラノ万国博覧会。それに先立ち一部に公開されたといわれる日にちなみ、イタリア国際カフェテイスティング協会で認定。日本ではコーヒー器具を多く手掛けるデロンギ・ジャパンが制定し、今年のキャンペーンは16日に解禁する。

◆4月17日 なすび記念日

 冬春なすの最盛期である4月、「良い(41)な(7)す」の語呂合わせから「冬春なす主産県協議会」が制定した日。なすが好物だったという徳川家康の命日でもあり、毎年4月にはなすが献上されていたという。なすのおいしさをアピールすべく、各産地やスーパーで販促イベントが行われることも。

◆4月18日 お香の日

 伝統的なお香文化を現代の生活にも取り入れてもらいたいと、全国薫物線香組合協議会が制定。日付は、淡路島に沈水香木が初めて伝来したとされる4月の、「香」の字を分解した「一十八日」に決定された。

◆4月19日 良いきゅうりの日

 きゅうりは一年中出回るが、最も出荷量が多いのは4~5月。値段もお得な場合が多い。「西三河冬春きゅうり部会」は、より多くの人にたくさんきゅうりを食べてほしいと「良い(41)きゅう(9)り」の日に制定。

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン