芸能

日テレ岩田絵里奈アナがイケメン男性と肉食デート“スッキリ”撮

日テレ岩田絵里奈アナがオフを満喫(写真/ロケットパンチ)

日テレ岩田絵里奈アナがオフを満喫(写真/ロケットパンチ)

 4月中旬のある土曜日、都内の高級焼肉店で、満面の笑みで男性と向かい合う女性がいた。この春から朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)のサブMCに就任した岩田絵里奈アナ(25)だ。

 メインMCの加藤浩次(52)が吉本興業を辞めたばかりで番組の先行きが不安視されたが、視聴率は好調。岩田アナも余裕が出てきたのか、この日は束の間のオフを満喫していたようだ。

「サブMCはエースの水卜麻美アナ(34)からの引き継ぎでしたが、彼女は堂々としている。初日はMCの加藤(浩次)さんから『岩田さんは今日すごいミスると思うな』といじられていましたが、ニュース読みもきっちりしているし、加藤さんのいじりにもソツなく対応しています。

 大御所と接しても物怖じしない度胸もある。『世界まる見え!テレビ特捜部』(日テレ系)で共演している(ビート)たけしさん(74)や所(ジョージ)さん(66)も彼女を絶賛しています」(日テレ関係者)

 岩田アナの食事のお相手は、胸板が厚く、がっちりしているスポーツマンタイプで、ウエンツ瑛士似のはっきりした目鼻立ちが特徴的だった。

 岩田アナはこの男性の向かいに座り、ビールを片手に終始笑顔。2人でスマホを覗き込み、顔を近づけ合う場面もあった。

 夜9時、男性と店から出てきた岩田アナは「今日はありがとうございました。ご馳走様でした」とにこやかに頭を下げた。その後、2人はタクシーに乗り込んだが、岩田アナは近くの駅で降り、そのまま帰っていった。

「彼女は実家暮らしなんです。最近は周囲に『ひとり暮らししたい』『恋もしたいなー』なんてこぼしていますが、今は私生活より仕事を充実させたい気持ちが強いのでは」(岩田アナの知人)

 日テレに聞くと、「社員のプライベートはお答えしません」(広報部)とのこと。当分、パートナーは加藤浩次だけ?

※週刊ポスト2021年5月7・14日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン