ビジネス

退屈なGWを「創造的休暇」に変えるヒント 偉人たちは逆境の時間をどう過ごしたか

自粛期間続くゴールデンウイークをどう過ごすか

自粛期間続くゴールデンウイークをどう過ごすか

 コロナによる度重なる緊急事態宣言の発令は、まるで終わりの見えないトンネルの中にいるようである。だが、偉人の生涯をみると、予期せぬ逆境が降りかかったときにこそ、創造的な思考を養っていた。近著に『偉人名言迷言事典』がある著述家の真山知幸氏が、このゴールデンウイークを「創造的休暇」として過ごすためのヒントを、偉人たちのエピソードから紹介する。

 * * *
 今回のコロナ禍で思わぬ脚光を浴びた偉人が、アイザック・ニュートンである。

 注目されたのは、ニュートンもまた私たちと同じく感染症の影響で生活が大きく変わったが、いわゆる自粛期間中に、とてつもない偉業を成し遂げたからだ。

ペスト禍で偉業を成し遂げたニュートン

 ニュートンの場合は、感染症ペストが猛威を振るい、通学していたケンブリッジ大学が休校。やむなく田舎に帰省したニュートンだったが、退屈でやることがない。ただ本を読み、静かに一人、思考を深めるしかなかった。ニュートンは自身の思考術について、こう語っている。

「集中し、ひたすら努力することだ。私は常に、頭にある問題を考え続けている。はじめはゆっくりと夜が明けるような具合に、答えが少しずつ見え始め、やがて明らかな光になるのだ」

 考え抜いた結果、ニュートンは、ペストでやむなく田舎に帰省していた時期に「万有引力の法則」「微積分法」「光学(色彩論)」という3つの大理論の基礎を築くことになる。期間にして、1665年から1666年にかけてのわずか1年半での出来事である。

 もし、ペストが流行していなければ、少なくとも、この短期間でこれだけの偉業を成し遂げることは難しかっただろう。感染症という逆境で生まれた時間を「創造的休暇」として生かしたニュートン。「奇跡の1年」といわれる価値ある時期を過ごすことができた。

関連記事

トピックス

(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
初の食事を伴う公式行事として、ケニア大統領夫妻との昼食会に臨まれた(2月、東京・千代田区。代表撮影/時事通信フォト)
愛子さま、天皇皇后両陛下の被災地訪問にご同行への期待 先延ばしになっていた“お伊勢参り”も実現か
女性セブン
大谷翔平を拝めるスポットやゆかりの地はどこか
ロサンゼルスの“大谷翔平スポット”を紹介 「壁画」「コーヒーチェーン」「大谷丼」「山本由伸と食事をした日本食レストラン」など
女性セブン
大谷翔平(時事通信フォト)
【大谷翔平が被害】韓国メディアがドジャースのクラブハウスで無断撮影、着替え動画公開で出禁 現場を荒らす行為に番記者たちも怒り心頭
女性セブン
子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
政倫審に出席しない萩生田氏
政倫審にも出席せず 安倍派5人衆で「萩生田光一・前政調会長だけがレクの時に“心ここにあらず”の様子」のワケ
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン