芸能

松坂桃李、“振り回される男”で2作主演 ドラマでも脱イケメンへ

映画『新聞記者』に出演する松坂桃李

”振り回される男”を演じる松坂桃李

 昨年12月の戸田恵梨香(32才)と結婚後、初の主演ドラマとして今クール2作に登場している松坂桃李(32才)。映画ではその演技力が評価され数々の受賞歴がある松坂が、ドラマでも「人気イケメン俳優」のポジションを脱却するか、注目を集めている。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 4月30日夜、松坂桃李さんの主演ドラマ『あのときキスしておけば』(テレビ朝日系、毎週金曜23時15分~)がスタートしました。同作で松坂さんは、愛する女性の魂が中年男性に乗り移ってしまい困惑するスーパーの青果店員を演じています。

 また松坂さんは1週間前の24日にも、主演ドラマ『今ここにある危機とぼくの好感度について』(NHK、毎週土曜21時~)がスタートしたばかり。こちらの作品では、アナウンサーから大学の広報マンに転職した男性を演じています。

 特筆すべきは、民放のテレビ朝日と公共放送のNHK、ゴールデン帯の21時台と深夜帯の23時台、ファンタジー作と仕事ドラマという異なるテイストの2作で、同時期に主演を務めていること。つまり、それだけ幅広い評価を集めているということでしょう。

 松坂さんと言えば、かつて俳優デビューをスーパー戦隊シリーズの『侍戦隊シンケンジャー』(テレビ朝日系)の主演で飾ったド真ん中のイケメン俳優。映画業界では『アントキノイノチ』『ツナグ』『娼年』『孤狼の血』『新聞記者』などで数々の受賞歴を持つ一方、テレビ業界ではドラマ、バラエティの両方で“人気イケメン俳優”というポジションが続いていました。

 また、松坂さんは昨年12月に戸田恵梨香さんと結婚してから初の主演ドラマであり、しかも2作であることから、「いよいよテレビでも“人気イケメン俳優”を完全に脱却か」と言われているのです。

「振り回される男」の役は評価の裏返し

 まだまだドラマの主演俳優は、演技力と同等以上に人気をベースに選ばれるところがあり、その意味で“人気イケメン俳優”の中には結婚を機に主演作を減らしてしまう人が少なくありません。その点、松坂さんは「結婚しても人気を損ねることなく、映画出演で演技力を認められている」という最高の状態。今春の2作でイケメン俳優というポジションを脱却できる可能性は高いでしょう。

関連記事

トピックス

西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
司会をつとめる島田アナ(写真/JMPA)
「安倍氏国葬」司会の島田彩夏アナは「国葬委員会の指名」とフジ回答 抜擢背景に「後継候補の甥の古巣だから」説も
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
式壇の様子
安倍氏国葬、武道館で「トイレ問題」発生中 男性用のみ行列、政治家が「これはまずい…」
NEWSポストセブン
阪神監督「再登板」が報じられた岡田彰布氏(写真は2008年)
阪神・岡田彰布監督再登板へ これで「掛布雅之監督」誕生の芽は永遠に潰えたか
NEWSポストセブン
「パパ活飲酒」を報じられた吉川赳議員。その吉川議員のパパも“逆ギレ”
パパ活問題・吉川赳議員の“実のパパ” 解任動議に「報じるメディアが悪い」と反論
週刊ポスト
笑顔を見せる坂本勇人(時事通信フォト)
巨人坂本の女性スキャンダル問題が収束せず CS進出なら“再炎上”で球団も苦慮か
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)
スキャンダルで炎上の香川照之、大メディアがスルーした坂本勇人 2人を分けた「スポンサー」の違い
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト