• TOP
  • ライフ
  • GWに実践しよう!整理収納アドバイザーが教える「捨てない片づけ」

ライフ

2021.05.02 07:00  女性セブン

GWに実践しよう!整理収納アドバイザーが教える「捨てない片づけ」

aa

不要品はこまめに売ってスッキリしよう(イラスト/ささやん。)

 女性セブンが行った読者アンケート(20~80代の男女1365人が回答)によると、今年のゴールデンウイークに旅行や帰省などを「しない」と答えた人が約87%にのぼった。コロナ禍での外出自粛が続く中、長期休暇も自宅で過ごす人が多そうだ。そうなると気になるのが、家族がちらかした部屋の中……。この機会にスッキリさせませんか?

捨てないと片づかないというのは思い込み

 ここ数年、片づけといえば“捨てる”ことが前提という風潮があった。長年使ったものでも、捨てるか捨てないかの選択をいちいち迫られ、それが苦痛で片づけができなかったり、片づけても後悔したりと、本末転倒な結末を迎える人も……。

「捨てないと片づかない、というのは思い込みです。要は、整えればいいんです」とは、整理収納アドバイザーの中山真由美さんだ(「」内、以下同)。

「“整える”というのは、“なんとなく置かない”という意味。ちらばっていたものを端に寄せてまとめたり、向きと場所をそろえるだけで、同じ“物量”でも、見た目の印象が変わります」

無料配布物は使って減らす

 ただし、捨てないまでも積極的に減らすべきものもあるという。それは、おまけでもらったグッズや試供品などの無料配布物だ。

「いつか使おうと思っているものほど、使う機会は巡ってきません。試供品などは、もらったらすぐに使い切って増やさない、というのも手です」

 コスメ関係の試供品の消費目安は3か月だ。いつか行くだろう旅行用にとっておいても、このコロナ禍では、期限内に使い切るのは難しい。

「ボックスにまとめて普段使いしているコスメコーナーなどに置き、毎日のお手入れで使い切るのがおすすめです」

 割り箸や使い捨てスプーン、総菜などについている小袋調味料も、無造作に引き出しや冷蔵庫に入れてはいけないという。ケースにまとめ、半年以内に使うなどのルールを作っておくといい。

関連記事

トピックス