スポーツ

福原愛、離婚協議で親権はどうなる? 台湾では「男性優位」の現実

広場でのほっこり見つめ合いも

日本ではにっこりしていたが、離婚協議はどうなる…

 福原愛(32才)をめぐる不倫疑惑報道から2か月が経った──。福原は3月下旬、日本での住まいだった東京都内の一戸建てから引っ越し、自らが代表取締役となり1月に設立した会社『omusubi』のオフィスも、都内のビルから退去した。彼女の知人は、現在の様子をこう話す。

「以前はふっくらして血色のよい顔が印象的でしたが、頬がほっそりとしていて、別人のようにやせてしまったと聞きました」(福原の知人)

 休まる間もない生活を送っているようだ。

「いまの愛ちゃんは、不倫報道の対応と帰国したお母さんの介護に追われる日々。台湾にいる子供たちとのテレビ電話も回数が減り、塞ぎ込むことが多いようです……」(前出・福原の知人)

 不倫疑惑が報じられた後も、表向きには“円満”を貫いてきた福原と夫の江宏傑(32才)。

「報道後、愛ちゃんの口から夫との不仲を直接的に認めることはありませんでしたし、江さんは江さんで、不倫報道後も『小愛(※福原のこと)への愛情は、出会った最初の日からいままで変わっていません』とコメントを発表。ふたりが仮面夫婦であることは明らかなのに、報道だけが先行し、事実は本人たちの口から何も明かされていませんでした」(台湾在住のジャーナリスト)

 事態は、4月23日になって急展開する。江が台湾・高雄の裁判所に離婚請求を行い、福原も「江氏が協議の場についてくれたことに感謝しています」と、初めて離婚協議の進行に言及したのだ。

「離婚請求」について、国際結婚における離婚問題に詳しいデイライト法律事務所の本村安宏弁護士が解説する。

「離婚請求とは裁判官を介して離婚調停を行うための手続きです。調停で合意に至らなければ裁判に発展し、法廷で解決することになります」

 コロナ禍だけでなく、福原には介護が必要な母親もいる。台湾への渡航のハードルは高いだろう。協議を進めることはできるのだろうか。

「代理人弁護士を選任すれば、福原さんが台湾に戻らなくても協議を進めることができます。離婚が認められるまでの期間は、調停で約半年、訴訟で1年ほどだと考えられます。コロナ禍で渡航が厳しい状況が続けば、このまま子供たちに会わずに離婚が成立する可能性が高いでしょう」(本村弁護士)

関連キーワード

関連記事

トピックス

海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
(写真/AP/AFLO)
《スターの素顔》真田広之「ヒロって呼んで」「それは呼べません」ハリウッド作品『SHOGUN』で大学後輩に見せた厳かな佇まい
NEWSポストセブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン