国内

伝説の校長が語る コロナ禍の今、親が子供にすべきたった一言の声がけ

新型コロナを巡る混乱に翻弄されるなかでの入学も(GettyImages)

新型コロナを巡る混乱に翻弄される小学生(写真/GettyImages)

 大きいランドセルを背負って歩く子供たちの顔がマスクに覆われてから1年半が経とうとしている。とりわけ入学して間もない新1年生たちは前代未聞の状況にさらされている。

「コロナを警戒しながらなんとか入学式を終え、通学路にも慣れて連休でほっと一息つけると思ったところでの緊急事態宣言。休校している学校もあるし、プログラミングや英語など勉強について行けるのかはもちろん、今後どんな状況になるのか本当に不安です。いまはただ、毎日元気に通ってくれることを祈るばかりです」(新1年生の子供を持つ母親)

 そんな先行き不安な新小学1年生の親子に力強いエールを送るのは、大阪市立大空小学校の初代校長・木村泰子さんだ。

「すべての子供の学習権を保障する」という理念のもと教職員や地域の人たちのチーム力によってつくられた同校は、ドキュメンタリー映画『みんなの学校』の舞台にもなっている。

 コロナ禍により、教育現場では2020年度から1年以上にわたってさまざまな混乱が起きている。入学式が大幅に延期され、一部の学校では、タブレット端末などを使った「リモート授業」が実施された。それによりIT環境の整った家庭とそうでない家庭とで格差が広がった。自粛期間中、パワーあふれる子供が公園で羽を伸ばそうものなら“自粛警察”から非難が殺到した。

 木村さんは、こうした世知辛さは子供の世界にも大きな影響を及ぼしていると語る。

「子供同士の関係性においても、“みんなと違っていてはいけない”という同調圧力が小さな肩にのしかかっています。そもそも、コロナ禍以前から学校はルールや学習のきまりをたくさん作る場所。公教育は、“きまりを守れる子は『ふつうの子』”、“守れなかった子は『特別』”と子供を分断し、少数派の後者は同調圧力により排除されがち。この風潮がいま、コロナによって後押しされてしまっているよういまこそ、こうした発想を改めるべきです」(木村さん、以下同)

 コロナによって可視化された「同調圧力」だが、子供達はもっと前から苦しんでいた。

「コロナに伴う子供達の生きづらさが様々なメディアで指摘されていますが、問題そのものはずっと前からあった。実際文部科学省の報告では、2018~2019年度の2年間で小学生から高校生まで649人もの子供が自殺をしています。2020年度は479人にも及び、1日に1人以上もの子供が自殺をしている事実に。もちろん、コロナで世の中が大きく変わってしまったことも原因のひとつだとは思いますが、私はこれまでの悪しき学校文化を引きずり、 “子供が育つ”事実の問い直しをしてこなかったことに大きな原因があると感じています」

 木村さんは大空小学校で、「子供を“育てる”学校」から「子供が“育つ”学校」へと改革をしてきた。“育てる”と“育つ”はどう違うのか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン