• TOP
  • ビジネス
  • 1枚65円の「シャープマスク」がいまだに売れ続けている理由

ビジネス

2021.05.15 07:00  NEWSポストセブン

1枚65円の「シャープマスク」がいまだに売れ続けている理由

累計生産2億枚を突破した「シャープマスク」

累計生産2億枚を突破したシャープの不織布マスク

 かれこれ1年以上に及ぶコロナ禍生活で、すっかり必需品となったマスク。一時は品薄になり値段が高騰した時期もあったが、現在は山積み状態で値段も落ち着いている。そういえば、昨年春に異業種参入で話題となった「シャープマスク」は今どうなっているのか──。ジャーナリストの山田稔氏がレポートする。

 * * *
 コロナ禍で迎える2回目の暑いシーズンが迫ってきた。すでに東京では夏日を記録し、外出中のマスクが鬱陶しくなる時季である。この1年間でマスクはなくてはならない存在となった。

 そういえば、昨年の春は全国的にマスク不足が深刻化し、ドラッグストアやスーパーでは、入荷した途端に売り切れるといった事態が日常化していた。そして、元首相の発案で1世帯に2枚配布された「アベノマスク」の評判は散々だった。

高額予算をかけた配布が顰蹙を買った「アベノマスク」

高額な予算をかけた配布が顰蹙を買った「アベノマスク」

 それから1年。マスクの供給は安定し、今では安い中国製マスクから、おしゃれな布マスク、高価な高機能製品まで、さまざまなマスクが手に入る状況になった。あの品薄の狂乱の日々が嘘みたいだ。

再び「不織布マスク派」が増加

 さて、最近はどんなマスクが人気になっているのか。アマゾンの人気ランキングを調べてみた(5月12日時点)。

(1)「超快適マスク プリーツタイプ 30枚入(日本製PM2.5対応)」(ユニ・チャーム)/1436円~
(2)「GOOD MASKスポーツ用マスク 冷感 ひんやり 3枚組」(GOOD MASK)/1390円
(3)「アイリスオーヤマ 30枚3個セット 普通サイズ やわらか丸耳ひも」(アイリスオーヤマ)/1584円
(4)「アンダーアーマー スポーツマスク ブラック 1枚」/1797円~
(5)「日本製マスク しっとり抗菌タイプ 洗える4サイズ×9カラー 1枚入り(HYPER GUARD)/1155円

 上位はともに国内メーカーの不織布マスクとなっている。アイリスオーヤマの90枚入り1584円だと、1枚当たり17.6円だ。

一時は1枚100円前後まで跳ね上がった不織布マスク

一時は1枚100円前後まで高騰した不織布マスク

 使い捨ての不織布マスクは昨年のマスク不足時には、販売価格が1枚当たり100円と高騰した時期もあった。それに比べると最近では、最安値でみると、1枚当たり3円程度のものまで出回っている。価格的にはずいぶんと手ごろになってきている。

 最近は何回も洗って使える利点やファッション性の高さから、ウレタンや布マスクも人気だが、感染防止効果(吐き出し飛沫量、吸い込み飛沫量)をめぐり、不織布マスクのほうが高いとのシミュレーション結果が報道されたこともあり、再び不織布マスクを常用する人が増えている。

関連記事

トピックス