芸能

なぜ今? TBS安住紳一郎アナが満を持して“朝の顔“になる覚悟

TBSが満を持して朝の帯番組MCにエースを起用(安住紳一郎アナ)

TBSが満を持して朝の帯番組MCにエースを起用(安住紳一郎アナ)

 TBSは10月の番組改編で、夏目三久がMCを務める朝の情報番組『あさチャン!』の後継番組に、安住紳一郎アナウンサーを起用すると発表した。安住アナにとっては、『ジャスト』以来16年ぶりの帯番組となる。安住アナは『ぴったんこカン★カン』『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』『新・情報7days ニュースキャスター』など局の看板番組に出演し、『輝く!日本レコード大賞』では9年連続で総合司会を務めている。

 TBSのエースである安住アナの朝の帯番組MC就任は、局にとっても待望の出来事だろう。テレビ局関係者が話す。

「もう何年も前から安住アナにはオファーがあったと聞いているが、なかなか本人が首を縦に振らなかった。やはり“リスク”が大きいですからね。帯番組を務めると、他の番組を何本もやめざるを得なくなるし、もし失敗したら帰る場所がなくなる。失敗すれば、視聴率を取れないと烙印を押されるだけ。

 上層部は就任前こそ“三顧の礼”で迎えるけど、数字が伸びずに終わった時に責任を取るわけではない。仮に成功しても、終了した後に元の立ち位置に戻れるかといえば、もうそのポジションには誰かが座っている。年齢を重ねてから帯番組を一度やってしまうと、良くも悪くも、大御所として扱われ、辞めた後の仕事が難しくなる。だから、始めるには相当の勇気がいるし、かなりの踏ん切りが必要になるものです」(以下同)

 現在、午前6~7時台の情報番組は、日本テレビの『ZIP!』とフジテレビの『めざましテレビ』が熾烈な視聴率争いを繰り広げている。

「3月限りで、『ZIP!』から桝太一アナが抜け、水卜麻美アナが就任した。『めざまし』には三宅正治アナがいるものの、58歳という大ベテランです。ちょうど今、朝の枠に女性から人気の高い男性アナがいない。しかも、『めざまし』は4月に永島優美アナから井上清華アナに女性のメインキャスターが代わったばかりなので、秋に三宅アナを代えるとは考えづらい。安住アナは相当熟慮した結果、始めるなら今がベストのタイミングだと判断したのではないでしょうか」

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト