国内

小島慶子さん語る、コロナ禍での発達障害の悩みと前向きに生きるコツ

佐藤愛子さんとの共著の単行本のタイトルは『人生論 あなたは酢ダコが好きか嫌いか』

ADHDの当事者である小島慶子さん。前向きに生きるコツとは?

 コロナ禍で、発達障害による悩みが顕在化している。エッセイストで、ADHD(注意欠如・多動性障害)の当事者でもある小島慶子さん(48才)も、コロナ禍で困りごとを実感しているという。発達障害をコントロールしながら、前向きに生きるコツを彼女が語った。

「リモートワーク中なのに、気がつくと部屋の模様替えをしていたり、本を手にとってしまい、仕事に集中できず業績が落ちてしまった」「オンライン会議で発言するタイミングが分からず、話の流れを遮ってしまった」「マスクをつけなければいけないのに、いつも忘れてしまう」――これらは、「大人の発達障害」を自覚する人たちが、コロナ禍に打ち明けた悩みだ。

 エッセイストという仕事柄、自宅で仕事をすることも多いという小島さんは、こんな悩みを抱えている。

「オンライン取材が増えたのですが、リマインダーやカレンダーなどで工夫をしていても、すっかり開始時間を忘れてしまったり、開始1分前に時計を見て気づき、慌てて着替えたりすることがしばしばありますね……。ほかにも、ADHDには『気が散ってしまいがち』という特性がある反面、『過集中』という特性もあるんです。コロナ禍で外出する機会がないと、時間の感覚がなくなるほど集中してしまう。水も飲まず、ご飯も食べずに何時間も仕事をしたり、本を読んだりしてしまって、フラフラになることがあります」

 近年、耳にする機会が増えた「大人の発達障害」。発達障害とは、生まれつきの脳の特性によって日常生活を上手く送れない状態を指し、大きくはADHD、ASD(自閉症スペクトラム障害)、LD(学習障害)の3つに分けられる。かつては子どもの特性と捉えられていたが、近年では大人になってから診断を受ける人が増えている。

 青山会関内クリニックの精神科医・石井辰弥氏はこう指摘する。

「発達障害の特性を持つ人が増えたわけではなく、発達障害の認知度が高まり、『自分もそうなんじゃないか』と気づく人が増えたんです。さらに発達障害傾向のある“グレーゾーン”も入れて、診断される人数が増えています。生きづらさの原因が発達障害にあることを知って、楽になる人が多い印象です」

 小島さんは40歳を過ぎて「軽度のADHD」と診断された。彼女も戸惑いよりも「なるほどね」と納得する気持ちが強かったという。

「子どもの頃から、いつも自分は“規格外”だと感じていました。ADHDの特徴のひとつに『衝動性』があげられるのですが、思いついたことを空気を読まずにパッと発言してしまう。その結果、場をしらけさせたり、友人を傷つけてしまったり。他にも、大人になってからは事務処理が苦手で、大事な書類なぜか目の前から消えてしまうことも。さっき見たのになぜ?と、魔法にかけられたような感覚です」(小島さん)

 なんとか改善しようと、コミニュケーションの上手な人を真似したり、なくし物を減らすために部屋中を完璧に整頓するなど、必死に努力を重ねてきた。

「それでも、期限に間に合わせるとかミスせずに書類に記入するとかいう当たり前のごとが、なかなか上手にできない。『自分はなんてダメ人間なんだ』『生きている価値なんてない』と自己肯定感が下がり、不安障害や摂食障害になったこともありました」(小島さん)

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
イノシシと格闘した秦野市役所の岩田雅弘氏
凶暴イノシシと戦った秦野市役所・課長代理が激白 「槍」で突いて駆除するまで
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン